トイストーリー4は観ない方がいい!?感想をネタバレ注意でご紹介

2019年7月12日公開の映画「トイストーリー4」を観てきました。

ディズニーピクサーを代表するトイストーリーシリーズは、前作トイストーリー3で完璧に幕を閉じたはず・・・。

あれだけきれいに終わったトイストーリーが、今作ではどんな展開を見せてくれるのか。

そして、衝撃のラストは「観なければよかった」と後悔するような結末に!?

今回は、そんな映画「トイストーリー4」の感想をご紹介したいと思います。

ネタバレありにつき、これから映画を観る人はご注意くださいね。

トイストーリー4のあらすじは?

トイストーリー4は、前作トイストーリー3でボニーのおもちゃになった、ウッディたちのその後のお話です。

アンディの一番のお気に入りだったウッディは、ボニーのクローゼットでほこりをかぶっています。

ボニーのお気に入りとして遊んでもらえないウッディは、それでもボニーの役に立つおもちゃでいようとがんばっていました。

おもちゃにとって大切なのは、持ち主であるこどもの側にいること。

ウッディはそう強く信じて、ボニーのお気に入りのおもちゃ「フォーキー」がボニーの側を離れないようにサポート役に徹します。

しかし、ボニーがゴミから作った手作りおもちゃであるフォーキーは、自分がゴミだと言い張り、ドライブ旅行中のボニーの車から逃げ出してしまいます。

ボニーのためにフォーキーを探すウッディは、外の世界へ飛び出し、大冒険を繰り広げるのです。

子供に愛されたことのない人形のギャビーギャビーや、子供に捨てられたスタント人形のデューク・カブーンや、「迷子のおもちゃ」たちとの出会い。

ずっと前に離ればなれになった、ボー・ピープとの再会。

そして新しい仲間たちとの冒険の果てに、ウッディが選んだ道とは・・・?

続きはぜひ映画本編をじっくりご覧ください。

トイストーリー4の感想は?

トイストーリー4は、ウッディの新たな旅立ちの物語です。

笑いあり、涙ありで、私にとって心に残る映画の一つとなりました。

おもちゃとして完璧なウッディの姿に感動

おもちゃの一番の役目は、子供の側にいること。

これは、ウッディがこれまで曲げずに守ってきた信念です。

シリーズ1作目では、バズにその座を奪われ悪戦苦闘するウッディ。

シリーズ2作目では、博物館に飾られるよりアンディの側にいることを選んだウッディ。

シリーズ3作目では、アンディに別れを告げて仲間たちとボニーの元へ行ったウッディ。

これまでのシリーズでは、ウッディはおもちゃで遊ぶ子供の側で成長を見守ることを何より大事にしてきました。

そしてそれは同時に、自分たちおもちゃが子供に選ばれる存在でいることが必要だったわけです。

子供に遊んでもらえなければ存在する意味がない。

だからこそ、ウッディはアンディのお気に入りでいようと苦しみ、アンディの成長を怖れ、そしてアンディから卒業することを選んだのです。

特にシリーズ1、2のウッディは、自分が一番でありたい、大事にされたいという面が強かった気がして、憎めないけどちょっと勝手なヤツのようなイメージがありました。

それが今作のウッディは、フォーキーがボニーの一番のお気に入りであることを誰よりも理解し、自分そっちのけでフォーキーをボニーの側に置こうとする姿を見せてくれ、何だか成長したというか丸くなったというか・・・

けなげなウッディの姿に、映画前半からけっこう感動してしまいましたね。

子供のためなら何でもする、というウッディの信念には脱帽といった感じです。

ウッディの心の変化と決断にエールを

ところが、今回のトイストーリー4では、ウッディのこの信念を揺るがすような出来事が起こります。

それは、外の世界を知り、自由に自分の人生を楽しむボーとの再会です。

子供の側にいることだけが幸せではない、だって外の世界はこんなに広いんだから・・・。

ボーは誰のおもちゃにもならず、自由に生きていたのです。

それにしても1作目にちょこっと出ていたボーが、予想以上にパワフルなキャラクターとしてヒロインを演じていて、ちょっとびっくりでした。

顔も可愛くなっていましたが、声が案外落ち着いていて、おばさんっぽさは若干感じましたが・・・(;’∀’)

ともかく、そんなボーや新しいおもちゃたちとの冒険は、ウッディがこれまで信じてきた「子供との関係」がおもちゃにとって絶対的なものなのかとウッディを次第に揺さぶっていきます。

アンディと別れ、ボニーのお気に入りではないウッディの中にある迷いや寂しさ。

信念に隠れて見えなかったウッディのそんな気持ちを、強くたくましいボーが新しい世界を見せることでだんだん引き出していくのです。

そして、映画のラストで皆に合流したウッディにバズが言った一言。

「ボニーは大丈夫だ」

そう、ウッディが側にいなくてもボニーは大丈夫だから心の声に従って自由に生きろ。

そう言って、バズはウッディの背中を押してくれたのです。

ボーの元へ駆け寄るウッディとそれを見守る仲間たち。

もうこのシーンでは涙が止まりませんでした。

結局、ウッディは心のままに「子供のおもちゃ」を卒業して、自分の人生を歩きはじめます。

正直、この結末は正直賛否両論ではないかと思います。

ウッディには子供に寄り添うおもちゃとして、バズや仲間たちとずっと一緒に欲しかったという人もいるでしょう。

ウッディが自分の道を見つけ、新しい一歩を踏み出してよかったと思う人もいるでしょう。

トイストーリーの世界観が大好きな人にとっては、この映画の結末は切ないようなうれしいような、複雑な気持ちになるものなんじゃないかと思います。

小学5年生の末っ子は、ウッディがみんなとお別れして寂しかったとションボリしていましたし、高校生の長女は(寂しいから)トイストーリー4は観なかったことにしようかなと言っていました。

とはいえ、私としてはウッディの決断にエールを送りたいですし、これで本当の意味でトイストーリーが完結したようなすっきり感を感じています。

映画やドラマはハッピーエンドで終わるものですが、実際の人生はいいことも悪いことも含めてこれからもずっと続いていくのです。

トイストーリー3で丸く収まったお話は、トイストーリー4でウッディの変化と再出発を描くことで、とても現実感のある成長物語として完結したのだと思います。

それにしても、こんな深~い映画がおもちゃが主役のアニメーションだなんて、本当にピクサーっていい仕事してますよね。

終わりに

映画トイストーリー4の感想をご紹介してきました。

トイストーリー3は2010年7月公開で、それから9年がたち、我が家の子供たちもすっかり大きくなり・・・。

前作では無邪気に映画を観ていた子供たちが、今作では涙を拭きながら観ている姿に成長を感じましたね。

トイストーリー5はさすがにもうないかな?

ピクサーの次回作にも期待したいと思います。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする