高校の卒業式に親は出席する?父親は?来ないってどうなの?

スポンサーリンク

高校の卒業式は、親にとっても子育ての大きな節目となるものです。

成長した我が子の高校の卒業式、親として出席すべきか、それとも今さら親が行かないのが普通なのか、迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

今回は、高校の卒業式に親は出席するのかということについてご紹介したいと思います。

高校の卒業式に親は出席する?


高校の卒業式に親が出席するかどうかは、基本的には個人の判断で決めることです。

学校や地域によって、親の出席が当たり前のところ、親が行かないのが普通のところに分かれます。

全体的に、最近では親も高校の卒業式に出席するケースが増えているようです。

中高一貫校や名門私立などでは、両親はもちろんのこと、祖父母まで出席することもあります。

周りの保護者がどうするのかという点も、自分が出席するかどうかを決める一つの大きな目安となりますよね。

どのくらいの保護者が出席するのか、周りはどうなのかが気になる場合、子供に聞いてみるのも一つの方法です。

ただし、子供が来てほしくないと思っている場合「知らない」「みんな来ないって」という答えが返ってくる可能性も・・・。

保護者同士でどうするか聞けそうな人がいればいいのですが、高校ともなると保護者どうしのつながりがあまりないことも多いでしょう。

そんな時には、ちょっと面倒ですが、保護者の出席率はどんな感じか、保護者席がどれくらい用意されているのか学校に直接聞いてみるといいかもしれません。

毎年保護者がどれくらい出席するかによって、高校の方で保護者席を用意しているはずだからです。

保護者の出席が多すぎる場合、あらかじめ入場制限を設けている高校もあるのだとか。

義務教育でない高校の卒業式は、保護者の出席は必須ではありません。

行くも行かないも自由ですが、子供の一生に一度の節目ではあります。

よく考えて、卒業式をどのように過ごすか決めていきましょう。

高校の卒業式に親が出席する主な理由

スポンサーリンク

・一生に一度だから

・親として当然のことだから

・出席する保護者が多いから

・子供が喜ぶから

・先生やお世話になった人に挨拶したいから

・写真をとりたいから

・ここまでの子育てのけじめのため

高校の卒業式に親が欠席する主な理由

・子供が嫌がるから

・もう子供ではないから

・出席する保護者がいないから

・座っているだけで行くほどではないから

・子供は子供で過ごすから

・仕事や都合で忙しいから

高校の卒業式に父親は出席する?

高校の卒業式にも父親の出席は増えてきています。

幼稚園や小学校ほどではないが、全体の1割くらいは父親という話もあります。

夫婦そろって出席する家庭もあれば、母親が仕事で父親だけが出席するという家庭もあり、事情はさまざまです。

ただし、3月が年度末の職場も多く、平日に仕事を休んでまで出席するお父さんは少ないようで、土曜日だったりすると父親の出席率も上がるようです。

入学式と違って役員決めがあるわけでもなく、卒業式の日に保護者の出番があることはまれですから、父親でも母親でも卒業式に保護者が行くのは、自分が行きたいかどうかという点が一番のポイントです。

今の時代、父親で高校の卒業式に来る人は少数ながらもいるはずですので、もし都合をつけて出席したいと考えているならぜひ参列してみてはいかがでしょうか。

高校の卒業式に親が来ないってどうなの?

高校の卒業式に親が来ないことを、子供はどう思っているのか気になるかもしれません。

子供といっても、高校生にもなれば親離れ、子離れしている家庭もあるし、性格や親との関わりも子供によってそれぞれです。

親に卒業式に来てほしいと思っている子もいれば、絶対に来ないでくれと思っている子もいるでしょう。

親に来てほしくないと言っている場合、本当に来てほしくない子もいれば、来てほしいけど親が忙しそうで遠慮している子もいます。

我が子の本心は親にしかわからないし、場合によっては親でもわからない年ごろでもあります。

結局のところ、高校の卒業式に親が出席するかどうかは、子供がどう思うかというより自分がどうしたいかで決めるしかないのではないでしょうか。

出席することに決めた場合でも、子供は子供で友達と過ごすことを前提にそっと見に行くだけ、というくらいがちょうどいいのかもしれません。

行き帰りも別々に行くことが多いですし、特にチャンスがなければ校内で子供に声をかけたりしないで、お祝いは別の機会にゆっくり家族ですればいいのです。

特に親に来てほしくないと言っている子だったら、皆の前で制服の襟元を直したりなど世話を焼くのはさすがに控えたいものです。

子供がどう思おうと、高校まで卒業させた親としてのけじめのために行きたいから行くのだ、というスタンスで出席するのか。

もう親の手を離れたと考えて、卒業式に親が出しゃばらないか。

どちらにせよ、子供のためだけでなく、ここまで歩んできた親の区切りとして、我が子の高校の卒業式をそれぞれのやり方で迎えたいものです。

終わりに

高校の卒業式に親は出席するのか、ということについてご紹介してきました。

簡単にまとめると

・保護者の卒業式の出席率は高校によって違う

・最近では出席することが多くなっている

・親が出席するかは自由意志で

ということでした。

卒業式に行っても行かなくても、この春は子供の成長をいっぱい感じられる季節ですね。

ご卒業おめでとうございます(´∀`*)

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする