大学入学式は誰と行く?親と一緒?一人でも浮かない?

スポンサーリンク

長く苦しい受験生活を終えてこの春から大学へ進学する学生さんの中には、地元や親元を離れて新生活をスタートさせる人も多いもの。

期待と不安でドキドキしながら心待ちにしている入学式、実際にはどんな雰囲気なのか気になるのではないでしょうか。

今回は、大学の入学式には誰と行くかということについて、大学職員に聞いた内容も合わせてご紹介したいと思います。

大学の入学式は誰と行く?


大学の入学式に誰と行くかは完全に自由です。

親と行く人も多いですが、たまたま友達がいれば誘い合わせて行く人もいますし、一人で参加する人も大勢います。

大学の規模や校風にもよりますが、ほとんどの大学は人数も多く、入学式は各自で式典に参加するだけ、というスタイルが主流です。

例えるなら、アリーナなどで行われるライブやイベントに参加するイメージです。

新クラスで集まって出席をとったり集合写真を撮ったり・・・などということはほとんどありませんので、人目は気にしなくても大丈夫です。

うちの夫は都内某大学の職員なので、入学式の様子について聞いてみました。

その某大学は、学外の会場を貸し切って入学式を開催するため、当日の保護者会等はありません。

親の参加は多いようですが、全員来ているわけでもないし、本当に人それぞれ・・・といった感じなんだそうです。

保護者席は会場の関係で各家庭1席ずつになっており、2人目からは別室のモニターで鑑賞することになっているそうです。

学生の席と保護者の席は別々なので、一緒に来ても入口で別行動になります。

私が大学に入った約25年前の入学式の遠い記憶を探ってみましたが、行きは母親と行ったものの別行動をとった気がします。

学生は1階席、保護者は2階席というように分けられており、たくさんの保護者が出席していました。

私の大学は、学内の講堂で入学式があったので、入学式前に学科ごとに集まって書類等の受け渡しがありました。

その時に同じ学科同士で、何人かと話したりして友達になりました。

付属の高校から来ているグループや、友達同士で固まっている人たちもいましたが、とにかく慣れない場所ですごい人数ですし、人のことを気にしている余裕はほとんどありませんでした。

スポンサーリンク

あまりに昔の情報で参考にならないかもしれませんが、大学の入学式自体はそんなに変わっていないと思われます。

入学式の日よりも、オリエンテーションや履修説明会など、翌日以降に同じ学部学科で集まる機会は意外に多いです。

実際に大学生活が始まってから、友達を作るチャンスはたくさんあります。

入学式に誰と行くかとか、初めから友達を作らなきゃと焦らずに、せっかくの入学式を落ち着いて楽しんでくださいね。

大学の入学式は親と一緒に行く?

大学の入学式に親と一緒に行っても、親と一緒に行かなくても、どちらもアリですし、目立ってしまうようなこともないのでご安心ください。

大学の入学式に親が出席することが多いのは事実です。

一人暮らしを始めて、親が引っ越しの手伝いのついでに入学式をみていくこともありますし、両親はもちろん祖父母や兄弟まで来る家庭もあります。

有名大学になるほど、親の出席率も上がるようです。

ただし、

・行き帰り、ランチを一緒にする

・行きだけ一緒で解散する

・親は親、本人は本人で行く

など、ずっと付き添って一緒に行動するというよりは、臨機応変に別行動をする人も多いようです。

親と離れた後にメールやLINEで連絡をとれるなら、もし入学式の間に友達ができたら「先に帰ってていいよ~」ということもできますね。

大学の入学式に親と行くことについて、「今の親はいくつになっても子供について行く」「過保護だ」などと批判的な意見もよく目にします。

けれども、入学式で世話をするためや、子供が心配だからついていく親ばかりではないはずですし、「今の親」だけでなく、私が入学した20数年前にも親はたくさん来ていたように記憶しています。

もちろん入学式に親が来なくても困ることはありませんが、せっかく長い受験を乗り越えて入った大学の入学式です。

親が行きたいというならぜひ、一緒に入学式に行ってみてはいかがでしょうか。

大学の入学式は一人で行く?

大学の入学式は一人で行っても全く問題ありませんし、浮いてしまう心配も不要です。

大学は全国からいろいろな人が来ています。

基本的に中学高校の延長ではないため、むしろ一人で一から新生活を始めるのが普通です。

中学高校までと違って、お互いどこの誰だかわからないうちに終わるのが大学の入学式です。

入学式は一人だったとしても、自分の新たなスタートのけじめとして、堂々と出席することをおすすめします。

そうはいっても、塾や学校の友達で固まっているグループや、付属の中高から上がってきた集団などが目につくこともあるもの。

自分だけがぼっちで浮いているような気がしてしまうかもしれません。

でも、実際には一人で来ている人も大勢いるし、みんな新しい友達を作りたいと思っているはずです。

入学式から焦る必要は全くありませんが、一人で来ていそうな人がいたら話しかけてみたり、同じ学部学科を見つけたら声をかけておくと、翌日からの大学生活が心強いものになるでしょう。

終わりに

大学の入学式に誰と行くか、ということについてご紹介してきました。

簡単にまとめると

・大学の入学式は大きなイベントなので、誰と行ってもOKだし目立つこともない

・親と一緒に行く人も多いが、親が行かないと不都合があるわけではない

・入学式は一人で行く人も多いので、気にしなくて大丈夫

ということでした。

素晴らしい入学式を迎えられるようお祈りしています。

これからの大学生活が実り多いものとなりますように・・・(o´艸`)

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする