卵はスーパーでは常温で販売!保存は冷蔵庫じゃなくても安全なの?

スポット・グルメ

卵はいつも冷蔵庫に常備している、という家庭も多いはず。

でも、スーパーで売られている時には卵のパックは常温の棚に置いてありますよね。

スーパーでは冷蔵しないのに、自宅では冷蔵庫に入れた方がいいって・・・

卵の保存は常温か冷蔵どちらの方がいいのでしょうか。

今回は、なぜスーパーでは卵が常温で売られているのか、ということについてご紹介したいと思います。

卵はスーパーでは常温で販売されているけど大丈夫なの?

スーパーやお店で売られている卵が常温になっているのは、温度変化を最小限に抑えるためです。

卵の鮮度を保つために大切なのは、温度変化を少なくして結露を防ぐことなのです。

 

卵を冷やしたり、常温に戻したり・・・を繰り返すと、卵の表面には結露が発生します。

そして結露で卵が濡れてしまうことで、サルモネラ菌などの最近が繁殖しやすくなってしまいます。

 

また、卵の殻には気孔と呼ばれる小さな穴がたくさん開いています。

万が一細菌が繁殖してしまった場合、気孔から卵の中に細菌が入り込んでしまう可能性もゼロではありません。

 

そのため、卵がお店に運ばれてくるまでの温度を常温で一定にしておいたほうが、より安全な卵を供給できるというわけなんですね。

 

ただし、常温なら何度でもOKというわけではなく、卵の安全のためには10℃以下の常温で保存しておくことが望ましいとされています。

Q15 卵の保存方法で冷蔵庫よりも常温のほうが長持ちすると聞きましたがどちらでしょうか?
A:細菌、特にサルモネラ菌汚染の関係から安定的に10℃以下に保存されていれば長期保存できるという報告があります。一般的な日本人の食生活(生食文化)の観点から冷蔵庫での保存をお薦めします。食品衛生法でも生食用殻付卵は10℃以下で保存することが望ましいと定められています。

引用:日本卵業協会「タマゴQ&A」より

 

確かに、スーパーの食品売り場は一年中ひんやりしていますよね。

スーパーの卵は冷蔵コーナーに置いていなくても安全に保存できているので、安心して食べて大丈夫ということになります。

卵の保存はやっぱり冷蔵庫がおすすめ

スーパーでは常温で売られている卵ですが、自宅で保存する時には冷蔵庫に入れるようにしましょう。

これは、卵の温度変化を少なくするためと、10℃以下の温度を保つためです。

 

卵は常温でも保存できる食品ですが、家庭の常温は季節や環境によって大きく変わってきます。

卵を安全に長持ちさせるためには、やはり冷蔵庫に入れておくのがおすすめなのです。

 

卵を冷蔵庫で保存するコツは?

  • ドアポケットはNG!冷蔵庫の奥にパックごと入れよう

卵を冷蔵庫で保存する場合は、なるべく温度変化の少ない冷蔵庫の奥に置くようにします。

冷蔵庫のドアに卵ケースがついていることも多いですが、ドアポケットは卵の保存には向いていません。

ドアを開け閉めする度に温度変化の影響を受けやすいからです。

冷蔵庫の棚にパックごと保存するようにしましょう。

 

  • 卵の尖った方を下にしておく

パックに入ったままの卵は尖った方が下になっているはず。

これには二つの理由があります。

 

一つ目は、尖った方の殻が固く丈夫だからです。

卵は尖った方から産み落とされるため、殻が割れにくくなっているんだとか。

 

二つ目は、卵の丸い方を下にすると細菌が繁殖しやすくなってしまうからです。

卵の丸い方には空気が入った「気室」があります。

丸い方を下にして保存すると、この気質の空気が卵黄に触れて細菌が繁殖しやすくなる可能性があるのです。

 

そのため、卵は尖った方を下にして空気を卵の上にしておくことがポイントです。

終わりに

自宅では冷蔵庫で保存する卵が、なぜスーパーでは常温で売られているのか、ということについてご紹介してきました。

卵がスーパーで常温で販売されている理由
⇒温度変化を少なくし、結露による細菌繁殖、鮮度の劣化を防ぐため卵を自宅の冷蔵庫で保存する理由
⇒温度変化を少なくし、10℃以下で鮮度を保つため

卵の保存は冷やせばいいというものではないんですね。

スーパーで買った卵は温度変化に気をつけて、なるべく早く冷蔵庫に入れるようにしましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました