生しいたけの日持ちはどれくらい?常温や冷凍での賞味期限は?

食材をまとめ買いして、冷蔵庫にうっかり入れっぱなしになっている野菜ってありますよね。

このしいたけ、野菜室で何日かたっちゃったけど大丈夫かな?なんて状況も多いもの。

今回は、生しいたけの日持ちはどれくらいなのか、ということについてご紹介したいと思います。

生しいたけの日持ちってどれくらい?


生しいたけの日持ちは、冷蔵庫で1週間ほどが目安になります。

生しいたけに水分は大敵なので、できるだけ乾燥した状態を保つようにすると長持ちします。

キッチンペーパーで包んでポリ袋に入れ、かさの部分が上向きになるように軸を上にして保存しましょう。

ただし、生しいたけは日持ちしにくい食品です。

買ったばかりですぐに傷んでしまうこともよくありますし、日数はあくまでも目安となります。

実際に食べられるかどうかは、しいたけの状態をよくチェックして判断するようにしてください。



しいたけが腐っていないかは、以下のポイントを確認してみましょう。

  • カサがしっかりしているか
  • 弾力があるか
  • 黒く変色していないか
  • 水っぽかったりぬめりが出ていないか
  • すっぱいにおいや刺激臭はないか
  • カビが生えていないか

この中でも、特にかさの部分の変色やぬめりをよくみてみましょう。

ヒダの形がしっかりしていれば、食べても大丈夫だと判断できます。

しいたけの鮮度についてはこちらの参考記事↓

>>しいたけが黒いけど食べても大丈夫?腐ってるか見分ける方法は?

もご参照ください。

生しいたけの賞味期限は常温ではどのくらい?

生しいたけの賞味期限は、常温の場合では冷蔵庫に入れた時よりも短くなります。

夏場なら半日、冬の乾燥して寒い環境なら数日持つこともありますが、生しいたけは常温保存には向かない食品です。

生しいたけには水分が多く含まれており、温度や湿度が上がることで腐りやすくなってしまうのです。

冷蔵庫に入れ忘れてしまった場合などは、日数よりもしいたけをよく見て、食べられそうか判断してみてください。

参考>>しいたけがすっぱい!においもする!これって腐ってるんですか!?

生しいたけはすぐに食べないのであれば、冷蔵庫または冷凍庫で保存するといいですね。

生しいたけを冷凍した時の賞味期限は?

生しいたけは冷凍することで1ヵ月ほど保存することができます。

日持ちのしない生しいたけですが、実は冷凍向きの食品でもあるのです。

冷凍することで細胞膜が壊れ、うまみ成分が出やすくなるからです。

買ってきてすぐに調理しない場合は、冷凍保存することをおすすめします。

生しいたけを冷凍する時は、水洗いせずに軸(石づき)をカットします。

あとはそのまま丸ごと、または食べやすい大きさにカットしてジップロックに入れて冷凍庫へ入れましょう。

冷凍しいたけを食べる時には、凍ったままで調理するのがポイントです。

解凍すると水分が出てべチャッとしてしまい、味が落ちてしまいます。

凍しいたけは、干ししいたけの代用としても使えますので、ぜひ冷凍庫に常備してみてくださいね。

終わりに

生しいたけの日持ちについてご紹介してきました。

まとめ

  • 生しいたけの日持ちは冷蔵庫で1週間ほど
  • 生しいたけは常温では腐りやすく、半日から数日しか持たない
  • 冷凍なら1ヵ月ほどで味もよくなりおすすめ

できるだけ無駄の出ないよう、食材を上手に使い回して料理したいですね。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする