ハイターの臭いは妊娠中に影響ある?素手で触ったり誤飲した場合は?

妊娠中には、ナーバスになってちょっとしたことで不安になってしまうこともありますよね。

漂白や除菌にハイターを使ったら、すごい臭いで気分が悪くなりそう・・・

これって赤ちゃんにもよくないんじゃないの!?なんて心配になっていませんか。

今回は、ハイターの臭いは妊娠中に何か悪影響があるのか、ということについてご紹介したいと思います。

ハイターの臭いは妊娠中に悪い影響がある?

塩素系漂白剤であるハイターの臭いは、掃除や除菌に使う程度では妊娠中のお腹の赤ちゃんに影響はありません。

自分の気分が悪くなければ、妊娠中にハイターを使っても問題ありませんのでご安心ください。

実は私も、第一子を妊娠中に、ハイターを使ってキッチンの掃除をする時の塩素の臭いが心配で・・・。

もともときれい好きでも潔癖症でもない私ですが、妊娠中だけは「巣作り本能」で無性に徹底的に掃除がしたくなるんですよね。
(;’∀’)

それで、検診の時に妊婦がハイターを使ってもいいのか、お医者様に聞いてみたことがあるんです。

ハイターのような塩素系洗剤は確かに無害なものではないけれど、何かあるとしてもまずは直接塩素を吸ったママの体に影響が出るだけなんだそうです。

それに市販の漂白剤を使うくらいでは、母体にも深刻な被害が出ることは考えられないとのこと。

さらにお腹の赤ちゃんにまで有害な成分が影響するとしたら、ママは救急車で運ばれて命の危険が!というくらい重症化するレベルだと言われました。

つまり、妊娠中にハイターで何かあるのでは?という心配はしなくて大丈夫だということです。

友人の助産師さんにも、「そんなに気にしなくても大丈夫よ~(笑)」と笑われてしまいました。

とは言え、妊娠中は臭いにいつも以上に敏感になることも多々あります。

また、妊婦は普段よりも体調が悪くなりやすいので、無理は禁物です。

ハイターを使って掃除をする時には、体調に気をつけながらマスクや手袋をして、しっかり換気をしながら作業するようにしましょう。

また、「まぜるな危険」の表記があるとおり、塩素系洗浄剤と酸性タイプの洗浄剤をまぜると有害ガスが発生してしまいます。

酸性の洗剤だけでなく、酢、クエン酸、アルコール、他の塩素系洗剤などと一緒に使うことで、有毒ガスが発生することもあります。

ハイターの臭いを中和しようとして、お酢を使ったりするのはかえって危険ですので、注意が必要です。

もし、ハイターを使っている時に気分が悪くなったり、頭痛がするなどの症状がある場合は、すぐに空気のきれいなところへ移動して休むようにしてください。

少したっても気分がよくならない時や体調が心配な時には、かかりつけの病院で診てもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク

妊娠中にハイターを素手で触ってしまったら?

妊娠中に、手袋をせずに除菌漂白をしていてハイターを素手で触ってしまった場合でもお腹の赤ちゃんに問題はありません。

ママの手がちょっとヌルヌルしたり、臭いがとれにくくなったりするくらいでは、母体から赤ちゃんに悪影響があるほどの塩素は吸収されません。

水でよく洗い流しておきましょう。

妊娠中は肌も敏感になって、手荒れしやすくなる人もいます。

ハイターを使う時には、普段は大丈夫でも手袋を着用することをおすすめします。

妊娠中にハイターを誤飲した場合は?

妊娠中にハイターが少量口に入ってしまった場合、原液を飲み込むようなことでもない限り特に心配はありません。

  • まな板をハイターで除菌中だったのを忘れて料理してしまった
  • 漂白しているコップをしっかり洗わずに使ってしまった
など、ついうっかりちょっと口に入れてしまったハイターは、自分の体調に異変がなければ赤ちゃんにも影響ないと考えて大丈夫です。

私はマタニティスイミングに通っていたのですが、塩素の入ったプールで泳ぐのですから、塩素の臭いも水が口に入るのも問題ないってことですよね。

また、ハイターの塩素成分である「次亜塩酸ナトリウム」は、加熱すると塩と酸素に分解されます。

ハイターのついた調理器具を使ったとしても、加熱してしまえば無害になるんですね。

ただし、ハイターを大量に誤飲してしまった場合や、少量での誤飲でも体調に変化を感じる場合には、妊娠中であるかにかかわらず注意書きに従ってすぐに対応しなければなりません。

口をすすぎ、吐かずに水か牛乳を飲んでから、病院を受診するようにしましょう。

まとめ

妊娠中にハイターの臭いは大丈夫なのか、ということについてご紹介してきました。

  • 妊娠中でもハイターを使って問題ない
  • 赤ちゃんに影響はないが、ママの体調に注意
  • ハイターが多少手についたり、口に入っても心配ない
  • 心配な時、体調が悪い時、大量に誤飲した時はすぐに病院へ
妊娠中には些細なことが気になってしまうものですが、気にしすぎはかえってストレスになってしまいます。

無理は禁物ですが、あまり神経質にならずにマタニティ生活を楽しんで過ごしましょう。

元気な赤ちゃんが生まれますように、お体お大事になさってくださいね。
ヾ ^_^♪)

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする