ハロウィンのかぼちゃの日持ちは?保存方法やカビの見分け方をご紹介

スポンサーリンク

ハロウィンといえば、かわいいおばけかぼちゃのランタンが欠かせない飾りですよね。

かぼちゃをくりぬいて手作りしたら、やっぱり腐ったりカビが生えたりしてしまうのでしょうか。

今回は、ハロウィンのかぼちゃの日持ちについてご紹介したいと思います。

ハロウィンのかぼちゃの日持ちは?


ハロウィンのかぼちゃのランタンの日持ちは、作ってから3日ほどです。

3日目を過ぎるころには、かぼちゃが萎びてきて”終わった”感じになってくることが多いです。

中はカビが生えて黒くなってしまうことも・・・

1週間持たせるのはかなりむずかしいところです。

中身をくりぬいても生の野菜ですので、腐やすいですし、カビが生えたり虫がつくこともあります。

かぼちゃのランタンは、ハロウィンの1~2日前に作るようにしましょう。

かぼちゃを傷みにくくするためには、

・水分をしっかりとること

・なるべく風通しのいい涼しいところにおくこと

がポイントです。

かぼちゃの切り口や内側をキッチンペーパーなどでしっかりふき取った後、温かくなるテレビや電化製品の近く、直射日光のあたる場所などを避けて飾るようにしましょう。

スポンサーリンク

ハロウィンのかぼちゃを保存するには?

ハロウィンのかぼちゃランタンを直前まで作れないのは、ちょっと寂しい気がしますよね。

もっと前からかぼちゃのランタンを飾ったり、保存しておくためのアイデアをご紹介します。

・冷凍保存

かぼちゃのランタンを作り、中身をくりぬいた後にキッチンペパーをつめ、ラップやジップロックで密閉します。

冷凍庫で1か月ほど持ちます。

かぼちゃが大きいサイズの場合、冷凍庫に入らなかったり、場所をとったりするのが欠点です。

冷蔵庫では2~3日しか持ちませんので、長期保存するなら冷凍庫へ入れるようにしましょう。

・くりぬかずに飾っておく

かぼちゃは丸ごとのままであれば、常温で1か月以上日持ちします。

ハロウィンまではくりぬかずにそのままの状態で、油性ペンで顔を描いて飾っておくと、かわいいランタンを長く楽しむことができます。

ハロウィン間際になったら、油性ペンの目・鼻・口部分をくりぬけばいいので、作るのも楽になりおすすめです。

かぼちゃのカビの見分け方は?

かぼちゃを切って置いておくと、切り口や表面が白っぽくなってくることがありますね。

この白い部分は、カビではなくかぼちゃの「でんぷん質」です。

かぼちゃには黒っぽいカビや緑色のカビが生えることが多いです。

ただし、ワタの部分に白っぽいフワフワしたカビが生えることもあり、注意が必要です。

かぼちゃに生えるカビの見分け方は、色と形状で判断するようにしてくださいね。

終わりに

ハロウィンのかぼちゃの日持ちについてご紹介してきました。

日持ちはあまりしませんが、本物のかぼちゃのランタンはかわいいですよね。

今年のハロウィンには手作りランタンで、お部屋をかわいく盛り上げてくださいね。
(*゚▽゚)ノ

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする