ハロウィンにはなぜかぼちゃ?由来となった野菜や意味をご紹介!

スポンサーリンク

ハロウィンはここ数年ですっかり日本にも定着したイベントですね。

ハロウィンと言えばジャックオーランタンなど「かぼちゃ」のイメージが強いですが、どういった由来や意味があるのでしょうか。

今回は、ハロウィンにはなぜ「かぼちゃ」が使われるのかということについてご紹介したいと思います。

ハロウィンにはなぜかぼちゃなの?


ハロウィンにはかぼちゃ、というイメージはアメリカから広まったものです。

ハロウィンはもともとヨーロッパからアメリカに伝わった、ケルト文化(主にアイルランド・イギリス北部や北欧系)の収穫祭です。

ケルト文化では10月31日のハロウィンの日は、夏の終わりであり、冬の始まりでもありました。

この日は霊界の門が開くとされており、死者の霊が戻ってきたり、悪霊や魔女がやってくると信じられていました。

日本のお盆とよく似ていますよね。

人々は悪い霊から身を守るため、魔除けのたき火を焚き、仮面をつけて過ごしていたんだそうです。

この魔除けのたき火にちなみ、ハロウィンのジャックオーランタンが作られるようになったのです。

ジャックオーランタンと言えば「かぼちゃ」ですよね。

実は、ジャックオーランタンがかぼちゃで作られるようになったのは、アメリカに伝わってからです。

アイルランドやスコットランドなどでは、もともとかぼちゃ以外のある野菜でジャックオーランタンを作ってきました。

アメリカに移民と一緒に入ってきたハロウィンのジャックオーランタンは、アメリカでたくさん収穫される「かぼちゃ」で作られるようになり、「ハロウィン=かぼちゃ」として広まっていきました。

それでは、ハロウィンでもともとジャックオーランタンに使われていた野菜とは、いったいなんだったのでしょうか?

ハロウィンのかぼちゃの由来となった野菜は?

ハロウィンのかぼちゃの由来となった野菜は「カブ」です。

スポンサーリンク

ハロウィン発祥の地であるケルト文化圏では、カブまたはルタバガと呼ばれる西洋カブの一種が、ジャックオーランタンに使われていました。

カブが使われた理由は、

・ヨーロッパで古くから普及していた野菜だったこと

・魔除けになると信じられていたこと

などが考えられます。

ハロウィンは収穫祭でもありましたので、身近な収穫物であるカブを儀式に使ったということもあるのでしょう。

ジャックオーランタンの由来についても簡単にご紹介しておきますね。

昔、ジャックという嘘つきで怠け者の最低男がおりました。

あるハロウィンの夜、ジャックが酒場で飲んだくれていると、悪魔が現れてジャックの魂をとろうとしました。

慌てたジャックは悪魔にこう言います。

「頼む、この世の名残に最後の一杯酒を飲ませてくれないか」

悪魔はこの願いを聞き入れ、酒代となるコインに変身しました。

するとジャックは、たちまち銀の十字架を使ってコインになった悪魔を財布に閉じ込めてしまいました。

悪魔はジャックに取引を持ち掛けます。

「もしここから出してくれたら、10年はお前の魂をとりに来ないと約束しよう」

ジャックはこの条件をのみ、悪魔を解放してやりました。

10年後、再びジャックは田舎道で悪魔に出会います。

ジャックはまた悪知恵をしぼり、悪魔にこう言いました。

「頼む、この世の名残にあの木のりんごを一つとって食べさせてくれないか」

悪魔はこの願いを聞き入れ、りんごの木に登りはじめました。

するとジャックは、持っていたナイフでリンゴの木に十字架を刻み付けました。

十字架が苦手な悪魔は、リンゴの木の上から降りることができません。

またしてもジャックに騙された悪魔は、ジャックにこう言いました。

「今後一切お前の魂をとることはしない。頼むからここから降ろしてくれ」

二度も悪魔をやり込めることができ、ジャックは大喜びで悪魔を解放してやりました。

時は流れ、やがてジャックがこの世に別れを告げるときがやってきました。

しかし、ジャックの目に余る悪人ぶりに神様もあきれはて、天国に行くことは許されませんでした。

ジャックは仕方なく地獄へと向かいましたが、途中であの悪魔に出会います。

悪魔はジャックをみるとこう言いました。

「お前の魂をとることはないと約束した。だからお前を地獄へ入れることもできない。」

天国へも地獄へも入れないジャックは、あの世の暗く寂しい道をさまよい続けることになってしまったのです。

ジャックは泣きながら悪魔に頼みました。

「本当に最後のお願いだ。せめて俺に明かりをくれないか」

悪魔は地獄の炎をとってジャックにあたえました。

ジャックは、道に落ちていた萎びたカブに地獄の炎を入れてランタンにし、永遠に天国と地獄の間をさまよい続けることになったのでした。

これが、ジャックオーランタンの由来です。

ハロウィンのかぼちゃの意味は?

ハロウィンのかぼちゃには、魔除けの意味があります。

かぼちゃを笑い顔や怖い顔にくりぬくことで、悪い霊たちをこわがらせて追い払うことができると考えられているのです。

悪霊除けですから、正式は家の戸口の上り段など玄関先に置くようにします。

また、ジャックオーランタンは「鬼火」の意味も持っています。

さまよう死者の持つ地獄の火ですから、黄色いかぼちゃはイメージにぴったりかもしれませんね。

ハロウィンにかぼちゃを食べることには、収穫祭の意味も込められています。

ハロウィンはいろいろな文化が融合して変化してきたお祭りのようなものだと言えるでしょう。

終わりに

ハロウィンのかぼちゃについて由来や意味をご紹介してきました。

かぼちゃがもともとはカブだったとは・・・ちょっとびっくりですよね。

カブよりかぼちゃの方が見た目もかわいいですし、やっぱりハロウィンにはかぼちゃのランタンがぴったりではありませんか(^^♪

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする