子供がプールで熱中症になることってある?症状と対策をご紹介!

スポンサーリンク

猛暑が続く夏に外遊びは暑すぎて、子供たちもプールで遊ぶことが多いですよね。

でも涼しいはずのプールで熱中症らしき症状が出てしまったことはありませんか。

水に入っているのに子供が熱中症になることってあるの?

プールで熱中症になったらどんな症状が出る?

プールで熱中症にならないための対策は?

今回は子供のプールでの熱中症についてご紹介したいと思います。

子供がプールで熱中症にかかることってあるの?


子供に限らずプールで熱中症にかかってしまうことはあります。

特に子供が大人より熱中症にかかりやすいのは、体温調節機能がまだ発達していないこと、新陳代謝が盛んで汗をかきやすく水分が失われやすいことが原因と考えられます。

でもプールの中で体が冷えているはずなのに、熱中症にかかってしまうのは不思議な気がしますよね。

どうしてプールで熱中症にかかるのか、その理由を簡単に説明しますと・・・

熱中症は体が熱くなることで発症するのではなく、体温調節ができなくなった時に体に熱がこもってしまうことで発症するものだからです。

水の中にいると自覚がありませんが、プールで遊んだり泳いだりしている時には実はたくさんの汗をかいているのです。

体はプールの中で暑さを感じにくいのですが、発汗により水分はどんどん失われていて、いつのまにか脱水を起こしていることがプールでの熱中症の原因となります。

また屋外のプールでは直射日光が水面に反射し、大量の紫外線と熱を浴びている状態です。

外気温に加えて水温も高くなると、体の熱が逃げにくくなり熱中症を発症する可能性が高くなってしまうのです。

猛暑日にはサウナでぬるま湯に長時間入っているような状態になってしまうということですね。

幼稚園や小学校では水温+気温が50℃以上でプールに入れる、などの温度の下限の基準があるものです。

スポンサーリンク

これには上限の温度にも目安があり、水温+気温が65℃以上の時にはプールに入るのに適さないと言われています。

あまりにも暑い時には、たとえプールに入っていても熱中症にかかる危険性があるということです。

屋内のプールでも熱中症にかかる可能性はあります。

屋内プールは高温多湿の状態で、気温・水温ともに高めに管理されていることが多いものです。

直射日光に当たらなくても熱中症にかかることはあります。

屋外でも屋内でもプールに入る時には、熱中症に十分注意するようにしましょう。

プールで熱中症になった時の症状は?

子供がプールで熱中症にかかってしまった時の症状で初期に見られるのは、

・顔が赤くなってボーッとしている

・体が熱い

・ぐったりしている

などが多いようです。

その他にも

・発汗異常(汗がすごいor全く汗が出ない)

・吐き気

・頭痛

・体の痛み

など、熱中症の典型的な症状が見られることがあります。

子供は体調の悪さに自分で気づけなかったり、うまく伝えられなかったりして、気づいた時には熱中症が進行している場合もあります。

周りの大人がよく子供の様子を観察して、できるだけ早く熱中症のサインに気づけるようにしましょう。

もしも呼びかけに反応しない、様子がおかしい、まっすぐ歩けないなどの症状がある時には熱中症が進行している可能性があります。

無理に水分を飲ませたりせずに、すぐに病院へ連れていくようにしてください。

プールで熱中症にかからないための対策は?

子供がプールで熱中症にかからないためにできる対策で重要なのは、こまめな水分補給と休憩です。

帽子をかぶっていても熱中症にかかる可能性はありますので、水分補給を第一にすることがポイントです。

子供は大人より脱水を起こしやすい上、夢中で遊んでいると喉のかわきや体調の変化に気づきにくいものです。

30分~1時間おきにプールから上がってしっかり水分を補給し、体を休めるようにしましょう。

水分はできればスポーツドリンクなど塩分の入ったものか、塩飴などを一緒にとることをおすすめします。

休憩をとることで、大人も子供の体調をチェックできますし、子供も一息つくことで自分の疲れや気分の悪さに気づくチャンスとなります。

プールサイドではできるだけ日陰や屋根の下など、涼しいところでゆっくり休むようにしてくださいね。

終わりに

子供のプールでの熱中症についてご紹介してきました。

熱中症の危険があるとはいえ、公園や外遊びよりはプールの方がずっと涼しく快適ですよね。

水分補給に気をつけて子供の様子をしっかり確認しながら、プール遊びを楽しみましょう。

付き添いのパパ・ママも熱中症にならないよう、くれぐれもご注意くださいね。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする