お盆に海で足を引っ張られる!?地獄の釜が開くのがダメな理由?

スポンサーリンク

お盆に海に入ってはいけないと聞いたことがある人も多いはず。

夏休み真っ只中のお盆ですが、海に入ると足を引っ張られてあの世に連れて行かれるという恐ろしい言い伝えがありますね。

おばあちゃんが言うように、地獄の窯が開くのがお盆の海がダメな理由なの?

まさかこの時代にそんなわけないでしょ・・と言いつつも、なぜか完全に否定できないのではないでしょうか。

今回はお盆に海に入るのが危険な理由を、ちょっとオカルト方面から検証してみたいと思います。

お盆に海に入ると足を引っ張られるって本当?


お盆に海に入ると霊に足を引っ張られる、というのは普通に考えればあり得ないことです。

お盆の頃になると事故が多いから海に入らないようにという、昔の人の知恵から生まれた警告なんじゃないかと考えられますよね。

でも、実際にお盆の海で怖い体験をしたという話はたくさんあります。

足がつったり海藻がからみついただけ、というケースもありそうですが・・

もちろん真偽はわかりませんが、それでも全てが単なる思い込みや迷信だと言い切れる証拠がないのも事実です。

お盆には亡くなった人が帰ってくると広く信じられていますから、お盆の海で霊に呼ばれると密かに信じていることも多いでしょう。

お盆には霊がたくさんいてもおかしくないと信じられている背景と、水(海や川)への潜在的や恐怖心、海があの世とこの世の境界線というイメージが組み合わさることで、お盆の海で足を引っ張られるという言い伝えが生まれたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

お盆の海は地獄の釜が開くから危険なのか?

お盆の海では地獄の釜が開くから引き込まれて連れて行かれるぞ、とおじいちゃんやおばあちゃんから聞かされたこともあるでしょう。

足を引っ張られるより恐ろしい話ですよね!!

・・・(゚ロ゚屮)屮・・・

地獄の釜が開くとはどういう意味かと言いますと・・・

閻魔大王と鬼たちが仕事を休んで地獄の釜の蓋を開けっぱなしにする、ということだそうです。

そしてこの地獄の休日(?)が、旧暦7月1日、今の暦でちょうどお盆の8月16日頃に当たるんですね。

ちなみに正月にも地獄の休日があるようですが、お正月に地獄に連れて行かれるなんて聞いたことないですが・・

それはともかく、8月16日に開いた地獄の釜からはたくさんの精霊がこの世に戻ってくると言われています。

開いた地獄の釜は一日だけで閉まってしまうとか、お盆の13日に開いて16日に閉まるとか。

釜が閉まる日については諸説あるようです。

そして地獄の釜は海にあると考えられていることが多いため、お盆に海に入ると地獄に連れていかれると信じられるようになったというわけです。

お盆の海がダメな理由は?

お盆の海がダメな理由は、帰省中の霊に足を引っ張られるとか地獄の休日とかぶっているから、といったオカルト的な言い伝えだけではありません。

お盆の時期になると海が海水浴に適さない環境になってしまうから、というのが現実的な理由の1つです。

具体的には

・クラゲが多くなること

・潮の変化

・土用波

などがその理由として挙げられます。

お盆の時期、海水の温度は一年で最も高くなり、クラゲが多くなってきます。

潮流の変化が大きいのもお盆の時期の特徴で、潮の流れや波にのってやってくるクラゲもいます。

また遠くの台風で発生した波が沿岸で突然大波になる「土用波」にも注意が必要です。

お盆の時期はまだまだ暑いものの季節の変わり目になります。

絶対に海で遊んではいけないというわけではありませんが、晩夏に海水浴に行く時には安全に十分注意するようにしてくださいね。

終わりに

お盆に海に入ってはいけない理由について、言い伝えを基にご紹介してきました。

言い伝えや迷信には、その裏に合理的なメッセージがあるものです。

でも単なる例え話として片づけられないのが、お盆の海の言い伝えですよね。

危険を知らせる手段として伝承されてきたお盆の怖い話ですが、信じるか信じないかは当然個人の判断になります。

全く気にしない人も大勢いますし、お盆の時期にも海水浴場は混み合っています。

でもどうしても気になってしまうなら、やはりお盆の時期に海に行くのはやめておいた方がいいかもしれませんね(>_< )

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする