妊娠中のお盆にお墓参りへ行ってもOK?鏡持っていく?体験談もご紹介

スポンサーリンク

妊娠中は普段気にならないようなこともつい気になってしまうもの。

お盆のお墓参りに行っても大丈夫なのか、心配ではありませんか。

妊娠中にお盆にお墓参りに行くと赤ちゃんが連れて行かれるの?

お墓参りに行くなら鏡を持っていった方がいいの?

お墓参りに行ったけど大丈夫だったなどの体験談が知りたい!

今回は妊娠中のお盆のお墓参りについて、私の体験談も含めてご紹介したいと思います。

妊娠中のお盆にお墓参りへ行ってもOK?


体調に問題がなければ、妊娠中のお盆にお墓参りに行っても全く問題ありません。

むしろご先祖様に赤ちゃんが生まれることをご報告できるいいチャンスです。

縁起が悪いということはありませんので、安心してお墓参りに出かけて大丈夫です。

とはいえ、赤ちゃんが連れて行かれてしまうから妊娠中にお墓参りに行ってはいけない、という言い伝えが今も残ってる地域もあります。

お母さんやおばあちゃんに「お腹が大きいんだからお墓にはいかない方がいい」と言われたことがあるかもしれませんね。

このような言い伝えは、妊娠中に体を大事にして無理をしないようにという昔の人の知恵からきています。

昔はお墓が山の上や森林の中にあって、足場が悪かったり急な段差のある階段を上り下りするような場所に行く必要がありました。

お腹の大きい妊婦さんが行くのは危ないですし、お盆ともなれば暑い中お墓で過ごすのは負担が大きいものです。

スポンサーリンク

現代ほど衛生状態がよくないために、抵抗力の弱った妊婦さんが土葬されたお墓の周りで病原菌に感染することもあったのでしょう。

また、昔は言い伝えや迷信も今よりずっと大きな意味を持って信じられいました。

生と死に対する価値観もよりスピリチュアルなものだったため、妊娠中にお墓参りに行くと、死者が寂しがって赤ちゃんを連れて行くというイメージがリアルに感じられたのかもしれませんね。

現代ではこういった考えは都市伝説のようなものになりつつあるので、信じるか信じないかは個人の気持ち次第です。

体調を優先させることが一番ですが、言い伝えがどうしても気になる場合は、妊娠中はお墓参りを控えて、出産後にご先祖様に挨拶に行ってはいかがでしょうか。

妊娠中のお墓参りには鏡を持って行った方がいい?

妊娠中のお墓参りに鏡を持っていくのは一種のおまじないのようなものです。

鏡を外側に向けて胸やお腹に入れておくことで、悪いものや霊を跳ね返すことができるのだとか。

妊娠中のお通夜やお葬式にだけ鏡を身につけていくという地域や、お墓参りにも同じように鏡を入れて行くという地域があります。

このような風習は地域性がありますので、絶対にこうしなければいけないというものではありません。

ただし家族や親戚が気にする場合や、自分でも本当に大丈夫かな?と心配な場合には、邪魔になるものでもありませんので、手鏡をお腹に入れて行ってもいいかもしれませんね。

妊娠中のお墓参り体験談

私は3人出産していますが、妊娠中も普通にお墓参りに行っていました。

妊娠中にお墓に行かない方がいいとか鏡を身につけていくなどの言い伝えは、全く気にしていませんでした。

というか、全然知らなかっただけなんですが・・(^▽^;)

ご先祖様がかわいい自分の子孫を連れて行くなんてあり得ないですよね。

3人とも安産で元気に生まれましたので、心配しなくて大丈夫ですよ♪

ただお盆の暑い時や真冬で天気が悪い時には、体調によってはお墓までは行かずに車やお寺の中で待っていたこともあります。

つわりがひどい時に車に長時間乗ったことで気分が悪くなったり、お墓まで長い坂を上っていくのが大変な時もありました。

お墓の前まで行けない時には、その場で手を合わせてみるだけでもいいと思います。

ご先祖様も無理して来られるよりも、元気な子孫が増える方がうれしいのではないでしょうか。

終わりに

妊娠中のお盆のお墓参りについてご紹介してきました。

言い伝え云々もそうですが、妊娠中のストレスや心配事は赤ちゃんによくありませんよね。

またお盆の時期には熱中症の危険もあります。

くれぐれも無理をしないようにして、元気な赤ちゃんに会えるのを楽しみに妊娠期間を楽しんでくださいねo(*^▽^*)o

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする