ディズニーで雨なら傘は折りたたみ?アトラクションでは?カッパにする?

スポンサーリンク

楽しみにしていたディズニーリゾート。

でも残念ながら当日の天気予報は雨、なんてことも多いものです。

せっかく行くからには雨でも思いっきり遊びたいけれど、雨具はどんなものを持って行ったらいいのでしょうか。

今回は、ディズニーへ雨の日に行く場合、傘はどうしたらいいのかということについてご紹介したいと思います。

ディズニーへ雨の日に行くなら傘は折りたたみ?長い傘?


雨の日にディズニーへ遊びに行くなら、折りたたみの傘がおすすめです。

アトラクションやショップに入る時には、折りたたんでしまえば邪魔になりません。

濡れた折りたたみ傘を入れるためのビニール袋を忘れずに持っていきましょう。

長い傘でもアトラクションに乗れないわけではありません。

また、折りたたみ傘よりも普通の傘の方が、風にも強く、しっかりと雨を遮ることができるというメリットはあります。

とは言え、普通の長い傘はやはり邪魔になってしまうもの。

大きな荷物になってしまうデメリットは、一日ディズニーで遊ぶ際には、大きなマイナスポイントです。

また、ディズニーリゾート内に公共の傘置き場はありません。

途中で雨が上がったとしても、長い傘を入れられるコインロッカーは、特大型または超大型サイズで、料金は700円かかってしまいます。

台風や嵐で終日100%の雨予報の時など、長い傘が一日活躍する日もあるでしょう。

しかし、普通の雨や曇りの日にディズニーで遊ぶ時には、コンパクトに持ち歩ける折りたたみ傘のほうが使い勝手がいいものです。

一方、折りたたみ傘と長い傘の間をとって、ビニール傘を持っていくというのも一つの方法です。

大き目のビニール傘なら、折りたたみ傘よりも濡れにくく、風で壊れたり失くしたりしても、あきらめがつきますよね。

晴れてきて傘が邪魔になったら、処分してしまうこともできます。

当日の雨の状況にもよりますが、雨のディズニーで使う傘のおすすめ順は、

折りたたみ傘>ビニール傘>長い傘

ということになります。

ディズニーのアトラクションに乗る時傘はどうする?

ディズニーのアトラクションに乗る時、傘は持っていても問題ありません。

折りたたみはもちろん、長い傘でも基本的にアトラクションに持ち込むことができます。

ほとんどのアトラクションでは、手荷物と一緒に傘も足元に横にして置くことになります。

ただし、アトラクションによっては、傘をどこにどのように置くか特別なルールがあることも・・・。

スポンサーリンク
  • スペースマウンテン

→シートの脇にはさむように置く

  • ホーンテッドマンション、スターツアーズ
→手でしっかり持つ

  • センターオブジアース

→乗り物に傘入れあり

  • レイジングスピリッツ

→専用ロッカーへ

  • タワーオブテラー

→エレベーター直前にある傘立てへ

雨の日もディズニーへ行く人は大勢いますから、傘について心配することはなさそうですね。

詳しくは、各アトラクションのキャストさんの指示に従いましょう。

ディズニーへ雨の日に行くなら傘とカッパどちらがいい?

雨の日のディズニーでは、傘とカッパはどちらも一長一短です。

雨や風の状態や、どのようにディズニーを楽しむかによって、傘のみ、カッパのみ、両方持っていく、の3パターンから考えてみましょう。

傘のみの場合

さしたり閉じたり、扱いが楽なのが一番のメリットです。

ただし、強風や大雨ではあまり役に立たないことも。

人混みやアトラクションに並ぶ時、邪魔になることもあります。

ショーやパレード、グリーティングには不向きです。

カッパのみの場合

両手があくので、アクティブに遊びたい人、ベビーカーや小さい子連れに便利です。

風があっても傘より濡れにくく、ポンチョタイプは荷物も濡れません。

雨の中のショー、パレード、グリーティングなどにも対応できます。

短所としては、室内に入る度に脱ぎ着しなければならないこと。

アトラクションに乗る時にもカッパを脱ぐ必要があります。

また、季節によっては蒸し暑く、ちょっとつらいかもしれませんね。

傘とカッパどちらも持参する場合

天候によって臨機応変に傘とカッパを使い分けられます。

本格的な雨の時には、カッパを着て傘をさせば雨に濡れずにすみます。

傘は折りたたみにする人が多いようです。

デメリットは、荷物が増えること。

傘とカッパの入る大き目なビニール袋もお忘れなく・・・。

我が家では、これまで何度も雨の日にディズニーに行っています。

基本的には、折りたたみ傘を持って行きますが、100均のポンチョを持っていったことがあります。

使い捨てできますし、重宝しましたが、風であおられて結局雨に濡れてしまいました。

100均のカッパの場合、薄くてヒラヒラするため、ポンチョよりはコートタイプの方がおすすめです。

雨の日のパーク内では、傘の人とカッパの人はどちらも半々くらいのイメージです。

メリット、デメリットと雨の予報を考慮して、判断してみてくださいね。

終わりに

雨の日のディズニーでの傘やカッパについてご紹介してきました。

簡単にまとめると・・・

  • 基本的には折りたたみ傘が便利
  • ビニール傘を使い捨てにすることもできる
  • アトラクションに傘は持ち込めるが、キャストの指示に従うこと
  • 傘、カッパを状況によって使い分けるとよい
ということでした。

雨の日はテンションが下がりがちですが、せっかくのディズニーを楽しめるといいですね。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする