帰省する時に実家へお金は渡す?義実家は?いくら包む?

お盆やお正月には遠方の実家に家族で帰省する人も多いもの。

実家で滞在中の食事や子供のお小遣いなどいろいろ用意してくれていると、手土産を渡すだけでいいのか気になることもあるのではないでしょうか。

今回は、帰省の際に実家にお金を渡すべきかということについてご紹介したいと思います。

帰省する時に実家へお金を渡す?


帰省の時に実家にお金を渡すかどうかは、それぞれの家庭の考え方によって違います。

絶対的なマナーではありませんし、地域性や世代ごとによるものでもありません。

あくまでも個人の考えになりますので、ケースバイケースで判断するようにしましょう。

親しき仲にも礼儀あり?!

帰省時にお金を渡すべきとする人は、結婚した以上親子であっても別世帯になるのだから、現金でお礼を渡すのがマナーだと考えています。

親の経済状況にはあまり関係なく、礼儀を重んじることでお金をやりとりすることを良しとすることが多いようです。

親世代では、子供は親を支えるものという価値観を持っている人もいます。

もちろん親の側だけでなく、滞在費を渡す子供としても、食費や孫へのプレゼント代などでたくさん使ってもらったのだから、その分は当然現金を渡すべきだと考えています。

親子であってもお金のことはきちんとした方がお互いすっきりする、というタイプですね。

お金なんて水くさい?!

帰省の際、実家にお金なんて渡さないという人は、親が子供からは受け取らないという場合が多いようです。

子供としては、手土産を多めにしたり、帰省中の買い物や出前、外食の支払いをもつなど、現金以外でお礼としています。

それどころか、親が子供の帰省費用を少し負担してくれたり、お小遣いをくれたりすることもあるようで・・・。

子供が大きくなっても何かしてあげたいと思うのが親心、という考えの家庭なんですね。

私の場合ですが、帰省の際に実家に現金を渡したことはありません。

実家が電車で1時間ちょっとの距離で、帰省で何日も泊まり込むということがないのも一つの理由ですが・・・。

以前、母にお金はいらないと断られたからです。

実家は裕福ではありませんが、母曰く「できるうちに何かしてあげられるのがうれしいものなのよ」とのこと。

それ以来、外食は私が払う、子供たちの飲み物やお菓子は持参するなどで対応しています。

帰省中のお金について、どうしたらいいのか親子で率直に話し合えたら一番いいですよね。

でも、なかなかそうもいかないのが義実家の場合。

次章では、義実家への帰省について考えていきましょう。

義実家への帰省はお金を渡すべき?

義実家でも自分の実家でも、帰省の際のお金に関しては親次第、家庭の考え方次第というのは同じです。

しかし、義実家の場合、夫に聞いてもはっきりと正解がわからないことも・・・。

気持ちとしていくらか包んでいくことで、嫁としての気遣いを見せるという意見も目立ちます。

後でお金についてとやかく言われるのがイヤだから、始めから用意していく、という本音もチラホラあるようですが(;’∀’)

まずは義両親に渡してみて、受け取ってもらえなければ次回からはなしにしてもいいですね。

私はと言えば、義理の母にはいつもお世話になりっぱなしです。

いろいろごちそうになったり、食品やお土産をいただいたりで、たまにはこちらが払いますと言っても受け取ってもらえません。

お金を渡すなんて逆に失礼にあたるといった感じですので、ありがたく可愛がっていただくことにしています。

お金を渡さないのが失礼なのか、渡す方が失礼なのかは、義実家によると思います。

いずれにしても、こういったことは最初が肝心です。

結婚してまもないのであれば、帰省の頻度、渡す金額は無理のない範囲にしておくことをおすすめします。

帰省でお金を渡すならいくら包む?

帰省で実家、義実家に渡す金額に相場はありません。

渡す渡さないの選択と同じく、金額も各自の判断になります。

とはいえ、だいたいの目安としては、帰省時に実家に渡す金額は1万円~5万円という人が多いようです。

お世話になった気持ちとして渡すなら1万円でいいと思いますが、帰省中にかかった費用分相当を渡すべきと考える人もいます。

中には、5000円×日数など、旅行費用のように計算している人もいるようです。

帰省の日数、人数、お世話になる内容(食事、子供のお小遣いやプレゼント、おやつなど)を考慮しつつ、自分たちが出せる金額を用意するといいでしょう。

終わりに

帰省する時に実家にお金を渡すか、ということについてご紹介してきました。

実家とはいえ、お世話になる以上お礼をするのは当然のことですが、現金で渡すかどうかは家によって意見が分かれるところです。

家ごとの習慣って、一般的な正解がないだけに判断がむずかしいですよね。

郷に入っては郷に従え・・・ですが、無理のないようにのりきっていきましょう。

まとめ

  • 帰省時に実家、義実家にお金を渡すかは各自の判断
  • お金を渡さない場合、手土産や外食などでお礼とすることも多い
  • 金額の相場はないが、1万~5万くらいで用意することが多い
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする