帰省の時の赤ちゃんの寝る場所は?布団やベッドはどうする?

スポンサーリンク


赤ちゃんを連れて初めての帰省は、準備や実家での過ごし方についていろいろと不安もあるものです。

まだ寝ているだけの赤ちゃんだったら、実家でどこに寝かせておくかってけっこう重要ですよね。

今回は、帰省中の赤ちゃんの寝る場所についてご紹介したいと思います。

帰省した時の赤ちゃんの寝る場所はどうする?

帰省した時の実家で赤ちゃんの寝る場所は、リビングの横など目の届くところに部屋があればそこに寝かせておきましょう。

部屋は赤ちゃん専用にして柵などで区切るようにすると、ペットがいても安心です。

私も実家に帰省中は、リビング横の和室に布団を敷いて寝かせていました。

目の届く場所がリビングしかない場合は、部屋の隅にスペースを作って長座布団やマットにバスタオルをかけて、赤ちゃんを寝かせておくスペースを作りましょう。

リビングにそんなスペースもないし、床に寝かせておく環境じゃないという時は、ベビーベッドをレンタルして置くこともできます。

どこに寝かせるにせよ、環境が変わって赤ちゃんが落ち着かないことがあります。

いつも使っている抱っこひもを忘れずに持っていくようにしましょう。

帰省する時赤ちゃんの布団はどうする?

帰省に赤ちゃんの布団を持っていくのは大変ですよね。

スポンサーリンク

帰省中は赤ちゃん用の布団を用意しなくても、実家にある大人用の布団に寝かせればOKです。

夜は一緒に寝ればいいですし、昼間はたたんで寝かせておけば大丈夫です。

赤ちゃんがじっと寝ている期間は短く、あっという間に寝返りをしたりハイハイをしたりするようになります。

普通の大人の布団が一組あれば十分でしょう。

実家に布団が足りない場合のみ、赤ちゃんのお昼寝マットなどを用意すればいいと思います。

日中は座布団をつなげたり、長座布団にバスタオルをかけたりして寝かせておくこともできます。

バスタオルだけ家から持っていけば、自宅の自分の匂いがして赤ちゃんが安心するかもしれませんね。

帰省する時赤ちゃんのベッドはどうする?

基本的には帰省中には布団があれば赤ちゃんを寝かせておけますが、状況によってはベッドが必要になることがあるでしょう。

普段からベビーベッドに寝かせていて赤ちゃんも慣れている場合や、犬や猫などのペットがいて床に寝かせられない場合、埃や住環境が赤ちゃんによくないと感じる場合などです。

帰省中にベビーベッドが必要なら、レンタルにすることをおすすめします。

布団やマットレスなど寝具一式をまとめてレンタルすることができるので便利です。

また、ママが実家の家族に赤ちゃんを預ける時にも安心して寝かせておくことができますね。

帰省する期間が長かったりしょっちゅう帰省する場合など、レンタルより買った方が安いのでは・・という考えもあるかもしれません。

しかしベビー布団と一緒で、赤ちゃんがベビーベッドに静かに寝ている期間はそれほど長くはありません。

購入してすぐに持て余してしまうよりは、レンタルで必要な時だけ使った方が結局お得で便利ではないでしょうか。

どうせ買うならベビーベッドよりも、ベビーチェアやバウンサーの方がおすすめです。

今は使えなくても、すぐに大きくなって食事の時や座らせておくのに重宝します。

私の両方の実家でもベビーチェアを用意してあって、帰省中にわりと長い期間活躍していました。

赤ちゃんの成長はあっという間です。

少し長い目で見て、帰省中の実家で必要なものをそろえていってくださいね。

終わりに

帰省中の赤ちゃんの寝る場所についてご紹介してきました。

実家とは言え、いつもと違う環境は赤ちゃんにとって大きな負担になることがあります。

ママがゆっくりくつろぐためにも、赤ちゃんがなるべく快適に過ごせるように、落ち着けるスペースを作ってあげられるといいですね。(^-^)

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする