夏に妊婦はエアコン使わない方がいい?就寝時は?暑さ対策は?

スポンサーリンク

妊娠中はじっとしてるだけで、とにかく暑いですよね。

でもエアコンをつけて体を冷やしてもいいのか、ちょっと気になりませんか。

今回は妊婦さんの夏のエアコン使用についてご紹介したいと思います。

夏に妊婦はエアコン使わない方がいい?


妊娠中のエアコンは禁止ではありません。

冷やし過ぎはよくありませんが、暑いのを我慢をしすぎるのも体に負担がかかってしまいます。

熱中症を防ぐためにも、暑くてつらい時には、26~28℃設定でエアコンを使うようにしましょう。

とはいえ、妊婦に冷えがよくないのも事実です。

エアコンをつけてもお腹と足は冷やさないよう、腹巻やレッグウォーマーをつけることをおすすめします。

私は太ももが冷えるとお腹が張ることが多かったので、暑い時も長ズボンをはくようにしていました。

下半身はがんばって冷やさないように気をつけてみてくださいね。

また、涼しい時間に散歩をしたりお風呂でゆっくり温まったり、しっかり汗をかく時間を作ることで、エアコンによる冷えや不調を防ぐこともできます。

スポンサーリンク

汗をかいた後は快適な涼しさでゆっくり休むようにし、暑い夏も体力を落とさずに過ごすようにしましょう。

妊婦の就寝時のエアコンはどうする?

妊婦さんの就寝時にもエアコンを使って問題ありません。

エアコンによる冷えには気をつけるべきですが、しっかり睡眠をとることが最も大切なことです。

26~28℃設定にして、直接風が当たらないように注意すれば大丈夫です。

除湿にすると湿気が少なくなるので快適なのですが、実は室温は設定温度より下がってしまうのだそうです。

エアコンをつけると喉が痛くなる妊婦さんは、除湿ではなく冷房で室温を高めに設定するといいでしょう。

エアコンだけで暑くて眠れない時は、扇風機を併用するのもおすすめです。

扇風機の風を壁にあてて、空気を動かすことで体感温度を下げることができます。

妊婦さんは何をしても暑いと思いますが、寝るときもできれば長ズボンを履いたり、腹巻をしたりするようにしましょう。

妊婦の暑さ対策は?

エアコン以外でできる妊婦さんの暑さ対策をいくつかご紹介します。

自宅にいる時であれば、シャワーを浴びるのが一番です。

汗のベタベタを流すことで気分もすっきりするのでおすすめです。

外出先では、汗ふきシートを使うといいでしょう。

就寝時などは、保冷材や冷却シートでおでこや首を冷やしてみましょう。

涼しくなり気持ちがいいのですが、首の後ろは脳に近くたくさんの神経が通っているため、冷やし過ぎてしまうと体温調節機能のエラーが起こる可能性があります。

首の後ろの冷やし過ぎにはご注意くださいね。

経過が順調な妊婦さんなら、マタニティスイミングに通ってみてはいかがでしょうか。

プールに入って涼しくなりますし、いい運動になるので夜もぐっすり眠れますよ。

妊婦さんの夏は、つわりの時期でもお腹が大きな時期でも、暑くてつらいですよね。

水分補給をしっかりすることも忘れないようにしましょう。

終わりに

妊婦さんの夏のエアコン使用についてご紹介してきました。

暑すぎるのは体もつらいですが、気分的にもイライラしてしまいますよね。

適度にエアコンを使うことで、ストレスをためずに暑い夏を過ごせるといいですね(*^-°)v

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする