アイシングクッキーが固まらない!乾かし方は?冷蔵庫に入れる?

スポンサーリンク

プレゼントやパーティーに、手作りのアイシングクッキーってかわいいし喜ばれますよね。

でもせっかく作ったのになかなかアイシングが固まらなくて、心配になってしまったことはありませんか。

アイシングクッキーが固まらない時はどうしたらいいの?

急いでいる時に早く固める乾かし方は?

冷蔵庫で冷やしたら乾燥する?

今回は、アイシングクッキーを乾燥させる方法についてご紹介したいと思います。

アイシングクッキーが固まらない時はどうする?


アイシングクッキーがなかなか固まらない時に考えられる理由はいくつかあります。

・乾燥時間がまだ足りない

・置いてある場所の湿気が多い

・アイシングの水分が多い

・クッキーの水分が多い

アイシングが固まるまでには、通常半日から一日くらいかかります。

パーツや重ねてぬった部分など、厚みがあるところは翌日になってもまだ完全には乾いてないこともあります。

固まるまでには時間がかかるもの、と考えてじっくり乾燥させていきましょう。

また、湿気が多いせいでアイシングクッキーが固まらないこともあります。

おすすめなのはオーブンの中で自然乾燥させることです。

ほこりよけにもなりますし湿気も防げますので、オーブンの扉を開けっぱなしにしてアイシングクッキーをいれて置きます。

スポンサーリンク

100℃くらいの低温で焼いたり、ドライヤーで加熱する方法もありますが、熱でクッキーのバターが溶けだしアイシングがひびわれる原因になります。

アイシングの卵白が熱で黄色っぽく変色してしまうこともありますので、加熱してアイシングを固めることは避けた方がいいでしょう。

しょっちゅうアイシングクッキーを作っていて、温度管理など自分のオーブンの扱いに慣れている場合などは、40℃以下の発酵モードを使ってアイシングを固めることもできます。

ただし、低温でも加熱のし過ぎはひびわれや変色の原因となりますので、できるだけ自然に乾燥させることをおすすめします。

アイシングの水分やクッキーの水分が多い場合は、乾燥させる時間はさらに長くなります。

アイシングもクッキーも固めに作っておくと固まりやすくなります。

それでも丸一日たっても全然固まらない場合は、アイシングの配合に問題があるのかもしれません。

アイシングから手作りするのであれば、レシピには忠実に作るようにしましょう。

アイシングクッキーの乾かし方で早いのは?

アイシングクッキーを明日渡したいから早く乾かしたいなどという場合は、とにかく湿気をとることがポイントです。

乾燥剤を入れた密閉容器に入れたり、エアコンの除湿モードをつけたりすることで、アイシングを早く乾かすことができます。

温度ではなく湿度を管理することが大切なんですね。

また、作る時にアイシングにレモン汁やクエン酸を少々入れるのも乾燥を早めます。

数滴入れればOKなので、味が変わることもありません。

ぜひお試しください。

アイシングクッキーは冷蔵庫で固まる?

アイシングクッキーは乾燥させることで固まりますので、冷蔵庫には入れないようにします。

冷蔵庫の中は冷たく乾燥していてアイシングを固めるのにぴったりな気もしますよね。

でもアイシングクッキーを冷蔵庫で冷やすと、水分が出てきてアイシングの表面にたまり、つやがなくなったり色がにじんだりしてしまいます。

冷蔵庫から出した後も、温度差で水がついてしまうことがあります。

冷蔵庫でアイシングを固めるのは避け、保存する時も密閉容器に乾燥剤と一緒に入れて、涼しいところに置いておくようにしてくださいね。

終わりに

アイシングクッキーを固める方法についてご紹介してきました。

クリスマスやバレンタイン、バースデーケーキの飾りはもちろん、ひな祭りや七夕のおやつにも、かわいいアイシングクッキーは大活躍です。

小さいお子さんと一緒に親子で作るのも楽しいですよね。

ちょっと手間はかかるけど見た目にも楽しいアイシングクッキー、美味しくできるといいですね(*’-‘*)

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする