手作りゼリーの日持ちはどれくらい?冷凍で保存できる?

スポンサーリンク

簡単にできて美味しい夏のおやつといえば、手作りゼリーですよね。

七夕ゼリーや差し入れにも大活躍の手作りゼリーですが、あらかじめ作っておきたい時や食べきれない時、賞味期限がいつまでなのか気になったことはありませんか。

今回は手作りゼリーの日持ちと冷凍保存についてご紹介したいと思います。

手作りゼリーの日持ちはどれくらい?


手作りゼリーの日持ちは、冷蔵庫で2日が目安です。

友達の旦那さんがパティシテでして・・手作りゼリーの日持ちについて聞いてみたのですが・・

2日たつと味もガクンと落ちてくるし、雑菌もこのころからめっちゃ増えてくるんだよ、とのこと。

絶対に食べられなくなるというわけではありませんが、2日以内に食べきるのが一番ですね。

確かに菌の培養って寒天やゼラチンでするものですから、時間がたつと菌がどんどん増えていくというのも納得です。

普通に家庭で作るゼリーに滅菌処理なんてしてませんからね(-.-;)

ちなみに手作りゼリーの日持ちは、寒天でもゼラチンでもアガーでも2日です。

2日以降に味やにおいで判断して食べる場合も、菌の味というのは相当増えないとわかりにくいそうです。

スポンサーリンク

小さいお子さんやお腹の弱い人は十分注意して召し上がってくださいね。

手作りゼリーは冷凍で保存できる?

手作りゼリーは冷凍できますが、食感が変わってしまいます。

手作りのゼリーを冷凍しても食感が変わりにくいのは、アガーを使ったものだけです。

寒天やゼラチンのゼリーは冷凍すると離水してジャリジャリになってしまい、解凍しても元のゼリーには戻りません。

市販のゼリーやこんにゃくゼリーを凍らせて食べたことがあるかもしれませんが、ほとんどがアガーのゼリーです。

ゼリーとして冷凍保存しておきたいなら、アガーを使ったゼリーを作るようにしましょう。

とはいえ、ゼラチンや寒天で作ったゼリーを冷凍して、あえてシャーベットのような食感を味わうこともできます。

ゼリーのプルプル感はなくなりますが、半解凍で食べるとなかなか美味しいですよ♪

美味しさは、アガー>ゼラチン>寒天 の順番です。

ただ、全解凍してしまうとガサガサで美味しくないのでご注意くださいね。

手作りゼリーを冷凍した場合の日持ちは2週間を目安にできるだけ早く食べきるようにします。

冷凍することで菌の繁殖を一時的に抑えることができますが、家庭用の冷凍庫では開閉による温度の変化もあり、長期保存はできるだけ控えた方がいいでしょう。

残ってしまった手作り冷凍ゼリーは、シェイクにリメイクすることもできます。

夏のおやつやデザートにいかがでしょうか。

冷凍ゼリーDEシェイクの作り方

材料

・冷凍ゼリー(お好きな味で)

・牛乳

・砂糖・ハチミツなど(お好みで)

作り方

材料全てを合わせてミキサーにかける。

グラスに入れたら出来上がり♪

イチゴゼリーやコーヒーゼリーは牛乳と合うので特におすすめです。

他にもお好みで果物を入れたり、ジュースと合わせたり・・いろいろアレンジしてみてくださいね。

終わりに

手作りゼリーの日持ちと冷凍についてご紹介してきました。

ゼリーは生ものですので、作り置きや長期保存はむずかしいです。

せっかく作ったゼリーが無駄にならないよう、作ったら早めにたくさん食べちゃってくださいね(`・ω・´)b

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする