ホイップクリームは生クリームの代用で使える?違いは?牛乳では?

スポンサーリンク

煮込み料理の仕上げやお菓子作りのレシピでよく見かける「生クリーム大さじ2」の表記・・・。

ちょっとだけしか使わないわりには、生クリームってお高いし、賞味期限も短いですよね。

生クリームの代わりにホイップクリームでも大丈夫!?

今回は、ホイップクリームは生クリームの代用で使えるのかということについて、それぞれの違いにも触れながらご紹介したいと思います。

ホイップクリームは生クリームの代用として使える?


ホイップクリームは生クリームの代用としてほとんどの料理で使うことができます。

料理のレシピに生クリームと書いてあるものは、ホイップクリームで代用しても問題ありません。

カルボナーラにシチューやグラタン、チーズケーキなどのお菓子作りなど、どちらのクリームでも美味しく作ることができます。

ただし、味の面で、ホイップクリームの方が生クリームより軽くあっさりしているため、ホイップクリームでは美味しくできないと感じる人も多いようです。

より濃厚なコクを出したい場合は生クリームの方がおすすめです。

レシピに忠実に作ってみたい人、せっかく手作りケーキを作るならガッツリ美味しく作りたい人などは生クリームを用意したほうがいいですね。

味の違いなんてそんなに気にならない、ホイップクリームの方が安いし・・と考えるならホイップクリームでも十分だと言えます。

ちなみに、ここでいうホイップクリームとは、パック入りの液体のクリームの名称です。

ケーキにデコレーションする、砂糖入りの泡立てた「ホイップクリーム」ではないので、ご注意ください。

d(´∀`*。!

ホイップクリームと生クリームの違いは?

ホイップクリームと生クリームの違いを4つ挙げてみます。

原料の違いについて

ホイップクリームと生クリームの一番大きな違いは、原料の違いです。

生クリーム=乳脂肪分18%以上で乳脂肪100%のもの

ホイップクリーム=上記以外のクリーム

と分類されます。

同じようなクリームなのにどうして呼び方に違いがあるかというと、クリーム類の表示名について法律で決まっているからなんですね。

日本では、食品衛生法にもとづく「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」という法律により、クリーム類は、種類別「クリーム」と、名称「乳又は乳製品を主要原料とする食品」の2つに分類されています。

クリーム」と表示できるのは、乳脂肪分18%以上で添加物などを一切加えていないもの、それ以外は○○ホイップ、○○フレッシュのようないわゆる「ホイップクリーム」と表示されているのです。

スポンサーリンク

市販のホイップクリームは、植物性油脂に添加物を加えて作られているものがほとんどです。

そのため、ホイップクリームと生クリームの違いは「植物性クリームか動物性クリームかの違いでしょ」と認識している人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際には乳脂肪に添加物を加えた動物性ホップクリームや、乳脂肪と植物脂肪に添加物を加えた混合ホイップクリームもあります。

参考)一般社団法人 日本乳業協会「クリーム類の種類」

賞味期限の違いについて

ホイップクリームには、乳化剤や安定剤などの添加物が使われているものがほとんどです。

そのため、ホイップクリームは生クリームよりも日持ちがするようになっています。

生クリームの賞味期限が未開封で1週間ほどなのに対し、ホイップクリームは常温で1ヵ月以上保存が可能です。

ホイップクリームって生ものなのにずいぶん日持ちがするな、と思っていましたが、添加物が入った加工食品だからなんですね。

風味の違いについて

生クリームとホイップクリームには、もちろん風味についての違いもあります。

生クリーム

生乳の脂肪分からできているため、濃厚でこってりしたコクが特徴です。

色は薄いクリーム色に近い白で、トロッとした固めの仕上がりになります。

ザ・乳製品といった風味や香りが楽しめます。

ホイップクリーム

菜種油や大豆油などから作られているものが多いため、生クリームとくらべてさっぱりした味が特徴です。

安定剤が加えられているものも多く、真っ白でサラっと柔らかい仕上がりになります。

クセがあまりないため、乳製品が苦手な人にもおすすめです。

価格の違いについて

最後になりますが、価格に関してもホイップクリームと生クリームには違いがあります。

ホイップクリームは150円から200円くらいで買えますが、生クリームは300円から400円ほどします。

値段が倍くらい違うのは大きいですよね・・・。

このように、ホイップクリームと生クリームにはいろいろな点で違いがあります。

バターとマーガリンの違いと似ているのではないでしょうか。

どちらを使うかはお好みで・・・ということになりますね。

生クリームは牛乳でも代用できる!?

生クリームをわざわざ買うのはちょっと・・・という場合、料理によっては牛乳で代用することができます。

生クリームは乳脂肪からできているため、牛乳とバターを入れることで生クリームを入れた時のようなコクを出すことができるためです。

シチューや煮込み料理などは、牛乳とバターをそのまま鍋に入れればOKです。

あっさり仕上げたいならバター少なめ、こってり仕上げたいならバター多めで牛乳と一緒に加えるといいでしょう。

また、牛乳とバターを使って、生クリームの代用品を作ることもできます。

配合は、牛乳とバターを1:3が目安です。

分量の溶かしバターを牛乳と混ぜれば出来上がり!

とろみやコクを出したい時は小麦粉を小量加えるのがコツです。

ただし、牛乳+バターは、あくまでも生クリームの代用品です。

本格的なお菓子作りやケーキのデコレーションには向きませんので、隠し味に使う程度にしておくことをおすすめします。

終わりに

ホイップクリームは生クリームの代用に使えるのか、ということについてご紹介してきました。

どちらを使うかは、好みで決めればOKです。

美味しい料理ができますように・・・ヽ(o’∀`o)

まとめ

  • ホイップクリームは生クリームの代用として使える
  • 原料、風味、賞味期限、価格に違いがある
  • 牛乳とバターで代用することもできる
関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする