プールの塩素の臭いの原因は?プールの塩素の落とし方!

スポンサーリンク

プールで泳いだ後、心地よい疲れとともに、自分から塩素の臭いを感じることがありますね。

シャワーを浴びてもなかなか落ちない塩素の臭い、何とか効果的に落とす方法ってないのでしょうか。

今回は、プールの塩素の臭いの原因と落とし方ついてご紹介したいと思います。

プールの塩素の臭いの原因は?


プールの塩素のきつい臭いは、塩素そのものの臭いではなく、塩素が殺菌しきれずに発生した「クロラミン」という物質の臭いです。

プールの消毒には「次亜塩素酸」が使われますが、この成分中の「塩素」と水中の「アンモニア」(人の汗や尿)が反応してできるのが「クロラミン」です。

塩素の臭いもないわけではありませんが、プールの塩素の臭いのほとんどはこのクロラミンが原因です。

そういえば、混雑しているプールの方が塩素の臭いがきついような気もしますよね(-。-;)

クロラミンは刺激臭だけでなく、プール後の目の充血や痛み、肌荒れ、髪のパサつきの原因でもあります。

重要

プールの中で塩素が十分働いている状態=塩素の臭い・刺激が少ない

プールの中の塩素がアンモニアを分解しきれない状態=クロラミンの臭い・刺激が強い

プールのあの臭いは、塩素の入れ過ぎが原因なのではなく、塩素不足が原因だったのですね。

プールの塩素の落とし方は?

プールに入った後の塩素とクロラミンの落とし方についてです。

基本は、シャワーでよく流した後ボディソープやシャンプーでしっかり洗うことです。

それでも臭いが落ちない場合は、アルカリ性のクロラミンを中和するために、弱酸性のスプレーやローションを使ってみましょう。

レモン汁やお酢を薄めたものでもOKです。

スポンサーリンク

ボディソープ類を弱酸性のものにしてもいいですね。

体を洗うくらいでは臭いがとれない場合や、プールに行くたびに臭いが長時間続いて気になる場合などは、プールに入る前にクリームなどで体に膜を作っておくことをおすすめします。

素肌のままでプールに入ると、塩素やクロラミンたっぷりのプールの水が、どんどん体に吸い込まれてしまいます。

ですので、プールの前に体に膜を作っておけば体に入る塩素類を減らすことができますし、臭いを落としやすくする効果も期待できます。

しかし、プールの水質保護のために化粧品やワセリンなどが禁止されているプールも多いですね。

そんな時には、水に入っても落ちにくく、肌の保護効果は残りやすいという便利なクリームがあります。

何度も徹底的に手を洗う看護師さんの手の保護にも使われているそうです。

↓  ↓ こちらです(^^♪

このクリームを塗った後に、全身シャワーをしっかり浴びて膜を作ってからプールに入るようにします。

プール後は普通に体を洗うだけで、プールの臭いを簡単に落とすこともできるので一度ぜひお試しくださいね。

終わりに

プールの塩素の臭いと落とし方についてご紹介してきました。

プールの臭いがなかなか消えないほど強いということは、塩素の消毒が追い付かないほどプールの水の質が悪くなっている可能性もあるということです。

当然塩素の基準は決められていますが、常にしっかりと管理されていないと、どうしてもクロラミンが増えてしまうものです。

あまりにプールの臭いが気になる時には、一度別のプールに行ってみるのもアリかもしれませんね。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする