夏風邪の熱にエアコンはNG?汗をかいて熱を下げるべき?

スポンサーリンク

ただでさえ暑い季節に夏風邪で熱が出ると、本当につらいですよね。

風邪の時には暖かくした方がいいはずだけど、部屋が暑くて我慢できないくらいの時にはどうしたらいいのでしょうか。

夏風邪で熱がある時はエアコンはつけない方がいいの?

暑い中で汗をかいた方が早く治る?

今回は夏風邪で熱がある時のエアコンの使い方についてご紹介したいと思います。

夏風邪の熱にエアコンはNG?


夏風邪で熱がある時は、エアコンで過ごしやすい室温に調節するようにしましょう。

暑い中で汗をかくことは非常に体力を消耗するものです。

熱で弱っている時に必要以上に汗をかくのは、脱水の原因になったり、熱中症にかかったりと体に大きな負担がかかってしまいます。

エアコンでゆっくり休めるくらいの快適な温度にして、安静にすることが大切なことです。

ただし、冷や過ぎやエアコンの風が直接体に当たることは体によくありません。

エアコンの設定温度は28℃前後にして、ちょっと暑いと感じるくらいにします。

スポンサーリンク

それだけでは暑い時いは、扇風機の風を壁に当てるようにして、部屋の空気の流れを作ると涼しさを感じることができおすすめです。

熱の出始めで寒気を感じる時や、布団をかけても寒さを感じる時などには、温度もこまめに調節して快適な状態でしっかり休むようにしましょう。

夏風邪も汗をかいて熱を下げるべき?

風邪をひいたらとにかく体を温めて汗をいっぱいかいた方がいい、というのはよく知られた民間療法です。

熱があるのにエアコンで涼しい部屋に寝ていると、汗も出ないし熱も下がらないよ・・と聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかし夏風邪の熱は、汗をかいたからといって下がるものではありません。

暑い中で熱が出ると、体は体温調節がうまくできず、汗を出しても熱を下げることがなかなかできない状態になっています。

熱は汗をかくから下がるのではなく、熱が下がるから汗が出るのです。

自然に熱を下げるには暑い中で無理に汗をかく必要はなく、体に負担の少ない環境でゆっくり休むことが一番なんですね。

夏風邪の熱を下げるには?

夏風邪の熱を下げるためには、汗をかくことよりも水分をとることが効果的です。

暑い時に熱を出すと脱水症状をおこしやすくなってしまいます。

夏風邪は胃腸症状も併発することが多いですから、冷たい飲み物は避け常温以上の水分を少しずつとるようにしましょう。

スポーツドリンクや経口補水液は水分だけでなく塩分やミネラルもとることができますので、夏風邪の時にもおすすめです。

また、食べ物ではスイカを食べるといいでしょう。

スイカには水分はもちろん、カリウムやカロティンなどの栄養素が豊富に含まれ、疲労回復や利尿作用があります。

夏風邪の熱は、汗ではなく尿を増やして熱を下げるのが効果的です。

水分をたっぷりとって、体の中から熱を下げるようにしましょう。

終わりに

夏風邪は長引くこともあり、熱だけでなく喉の痛みや胃腸症状が出ることが多くつらいものです。

エアコンを使ってゆっくり休むことが大切ですが、ひどくなる前に早めに病院で診察を受けるようにしましょう。

早く熱が下がって元気になるといいですね。

お大事に・・・(^ー^* )

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. マッツー より:

    分かりやすい文章、ありがとうございます。
    辛いですが頑張って治します。

    • mamiko2 より:

      マッツーさん

      コメントありがとうござます。
      夏風邪で寝込んでいらっしゃるのでしょうか。
      暑い時の熱って本当につらいですよね~(>_< ) 少しでも早く治りますようにお祈りしております。 お大事になさってくださいね(^^♪