実験検証!汚れた硬貨をきれいにするには?交換は銀行でできる?

スポンサーリンク


ひどく汚れた硬貨って、そのまま使えるのか心配になることがありませんか。

おじいちゃんの部屋から出てきた大量の古い硬貨や、おつりに紛れ込んだ変色した硬貨。

自宅にあるものできれいにできたら、安心して使うことができそうですね。

今回は、汚れた硬貨をきれいにする方法を実際に試してみた結果をご紹介したいと思います。

汚れた硬貨を自宅にあるもので簡単にきれいにする方法を試してみた!

汚れた硬貨は、1円玉以外「酸と塩」につけることであっという間に簡単にきれいになります。

  • 食酢+天然塩
  • ソース
  • ケチャップ
  • マヨネーズ
  • タバスコ

など、酸(酢)と塩分が含まれている液体であれば、硬貨をきれいにする作用があります。

1円玉だけは原料が異なり汚れの質が違うため、別の方法を後述します。

今回の実験にあたりできるだけ汚れた硬貨を探してみたのですが、古銭や汚れのひどい硬貨は手元にありませんでした。

普通に変色している程度の硬貨での検証になりますが、硬貨をピカピカにきれいにすることができました。

それでは早速見ていきましょう。

まずは、ネットの口コミを参考に10円玉にタバスコをつけてみました。


わかりやすように1滴たらして、少し置いておきます。

その間に、同じく別の10円玉を食酢につけて塩をかけてみました。

あっというまに10円の色が明るく変わりました。

本当に塩をかけた瞬間に・・・です。

食酢+塩を混ぜたものに硬貨をつけると、本当に簡単にきれいにすることができるんですね。

タバスコをかけた10円もこの通り。


タバスコの跡がきれいになっていました。

1円以外の硬貨には原料にが使われています。

硬貨の表面が変色するのは、銅が酸化することで硬貨の表面が酸化銅になるからです。

硬貨のサビの主原料は酸化銅で、酸化銅は酸にとけだし、硬貨の表面がピカピカになるというs仕組みです。

さらに酸に塩分を加えると、酸化銅がとけだすスピードが速くなるのだそうです。

ソースやタバスコなどの調味料には酢と塩が入っているから、硬貨をきれいにすることができるのです。


スポンサーリンク


一方、1円玉だけは原料がアルミニウム100%です。

そのため、表面の変色(汚れ)は酸化物ではなく、汚れの付着や腐食が原因になっています。

酢+塩につけることではきれいにならないばかりか、余計に腐食が進んでしまうことも・・・。

汚れた1円玉をきれいにする方法は、表面のよごれを物理的にこすり落とすことです。

そこで1円硬貨をきれいにするために、いろいろなやり方を試してみました。

  • 歯磨き粉で磨く
  • メラミンスポンジで磨く
  • 消しゴムで磨く
  • 中性洗剤で洗う

結果、この中で1円玉が一番きれいになったのは・・・

中性洗剤で洗う

でした。

歯磨き粉で磨くことでは、ややきれいにはなったものの、白っぽい汚れの膜が落ちきれませんでした。


落ちにくい汚れはおそらく、手の脂汚れだと思われますので、食器用洗剤をつけて洗ってみると、案外すぐにきれいになりました。

ちなみに、メラミンスポンジ、消しゴムは全くきれいになりませんでした。

薄くて小さい1円玉を磨くのは、けっこう大変でしたしね・・・。
(^_^;(^_^;

汚れた硬貨は銀行で交換できる?

汚れがひどい、大量の古い硬貨があるなど、どうしても自分できれいにすることがむずかしい場合は、汚れた硬貨を交換してもらえるか銀行に問い合わせてみましょう。

枚数によって両替手数料がかかることがありますが、両替してもらえれば助かりますよね。

もし両替を断られてしまった場合などは、ATMで自分の口座に入金することをおすすめします。

ATMは硬貨の図柄を判別できれば、汚れていても問題なく入金できるケースが多いようです。

ただし、汚れの程度や量によって、実際に銀行に持って行ってみないと、必ず交換してもらえるかどうかはわかりません。

詳しくは、お取引銀行に確認してみてくださいね。

もしもどうしても受け付けてもらえない場合は、どんな硬貨でも日本銀行に持っていけば引き換えをしてもらえます。

損傷したお金は、日本銀行の本支店にお持ち込み頂ければ、法令に定める基準に基づき、新しいお金への引換えを行います。この引換事務は、日本銀行の本店およびすべての支店(但し、日本銀行の電算センター<東京都府中市>、発券センター<埼玉県戸田市>、国内事務所および海外駐在員事務所においては受付けておりませんのでご留意ください)において受付けています。

引用:日本銀行 損傷したお金の引換え窓口

引き換えは個人でもOKですが、事前連絡と本人確認書類が必要です。

連絡先は以下リンクからご確認ください。

>>>日本銀行 本店・支店・国内事務所

まとめ

汚れた硬貨をきれいにする方法について、実験結果をもとにご紹介してきました。

  • 1円以外は酸と塩につける
  • 1円は中性洗剤で洗うか歯磨き粉で磨く
  • 銀行で交換、入金できるケースもある
  • 最終手段は日本銀行へ持ち込む

普段使う硬貨をピカピカにする人はめずらしいと思いますが、古い硬貨が出てきて処分に困ったなんて時に、ぜひ今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。
(^▽^)o

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする