部屋の暑さ対策に除湿器は効果ある?エアコンと併用したらどうなる?

暑さ対策 除湿器

日本の夏の暑さは高温多湿、ジメジメした暑さが特徴です。

部屋もムシムシと暑くなりますが、湿気だけでもとれれば多少涼しくなりそうですよね。

エアコンをつけずに除湿器を使えば、ちょっとは快適に過ごせるのでしょうか。

今回は、部屋の暑さ対策に除湿器は効果があるのかということについてご紹介したいと思います。

部屋の暑さ対策に除湿器は効果ある?

結論から言いますと、除湿器だけでは部屋の暑さ対策としての効果はありません。

除湿器で湿度は下げることができますが、その分室温が上がってしまうからです。

 

除湿器を使うことで部屋の中は、湿度は低いけれど暑~い状態になるのです。

除湿器だけで部屋の夏の暑さを乗り切るのはかなりむずかしいと思います。

除湿器が室温を上げる理由

除湿器が室温を上げてしまう理由は、除湿器が空気中の水分を取り出して湿度を下げる時に、温められた空気を排出するからです。

 

除湿器には、

  • コンプレッサー式
  • デシカント式
  • ハイブリッド式

の3種類があり、除湿の仕組みは異なりますが、湿度を下げるかわりに室温を上げるという点では共通しています。

ダクトホースや室外機のない除湿器は、エアコンと違って温められた空気を室外に出すことができません。

部屋の中で除湿器を使うことは、エアコンの室外機を部屋の中に置いているような状態だということです。

除湿器で室温はどれくらい上がるの?

除湿器の種類によって、室温の上がり方は変わります。

コンプレッサー式・・・1~2℃

デシカント式・・・3~4℃

 

コンプレッサー式除湿器は、空気を冷やすことで結露を発生させて湿度を下げる仕組みです。

除湿をする時に出る暖気は排出されますが、ヒーターを使っていないため室温の上がり方は控えめです。

 

一方、デシカント式除湿器は、内部の除湿材に集めた空気を温めて湿度を取り除く仕組みです。

ヒーターを使うので、室温を高くなってしまいます。

 

ハイブリッド式は両方の特徴を備えた除湿器ですが、やはり室温の上昇は避けられません。

 

コンプレッサー式であっても、ただでさえ暑い室温をさらに上げてしまうので、除湿器だけでは暑さ対策にならないんですね。

除湿器とエアコンを併用したらどうなる?

それでは、除湿器とエアコンを併用したらどうなるのでしょうか。

結論としては、暑さ対策の面でも電気代の面でも、エアコンの1台使いがおすすめです。

 

除湿機で湿度を、エアコンで室温を下げれば最強なんじゃないかと思いますが、2台使いのメリットは実はそれほどありません。

エアコンだけで室温も湿度も下げられる

当然ですが、エアコンの除湿運転は室温を下げながら湿度も下げることができます。

でも、エアコンは冷房だけで湿度も下げることができるんですよ。

 

冷房運転をすると、室内の空気が冷やされることで冷風が出て部屋を冷やします。

その時に、空気中の水分が冷やされることで水滴になります。

 

冷房をつけると、室外機からのホースからは水が出てきますよね。

あの水は室内の空気から出た水ですから、部屋の湿度は下がってくるということです。

 

つまり、除湿器でわざわざ室温を上げながらエアコンでそれを冷やすというのは、あまり意味がないんですね。

除湿器よりは、扇風機をエアコンを併用したほうが効率的な暑さ対策になるでしょう。

電気代がかかる

エアコンと除湿器の2台を使えば、電気代もその分余計にかかってしまいます。

エアコン1台で運転したほうが、室温も湿度も下げられて電気代も安いという結果になるのです。

室温の上がらない除湿器はある?

そうはいっても、エアコンがないから除湿器で何とか夏を乗り切りたいというケースもあるでしょう。

 

室温が上がりにくい除湿器として、冷風機能付きの除湿器が販売されています。

とはいえ、冷風で部屋全体の室温を下げることはむずかしいので、冷風にあたって涼しくなれるといった使い方をしている人が多いようです。

 

そんな冷風機能付き除湿器で、エアコンのようにダクトを使って暖気を室外に出すことができるモデルがありました。

部屋の外に暖気を出してしまえば室温が上がるのを抑えることもできそうですね。

終わりに

部屋の暑さ対策は除湿器でもできるのかということについてご紹介しました。

まとめ

  • 除湿器だけでは、湿度は下がるが室温が上がってしまう
  • エアコンとの併用はメリットがない
  • 冷風機能付き除湿器もある

除湿器はあくまでも湿度を下げるためのものです。

湿度が下がれば過ごしやすくなることも多いですが、室温が高すぎる中で熱中症になったりしないよう気をつけてお過ごしくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました