コンタクトでアイプチは使える?順番は?目が乾くけど大丈夫?

スポンサーリンク

簡単にぱっちりとした二重になれるアイプチを愛用している人も多いもの。

でも、目が悪くてコンタクトにした場合、アイプチも同時に使って大丈夫なのでしょうか。

今回は、コンタクトをしている時もアイプチは使えるのか、ということについて詳しくご紹介したいと思います。

コンタクトしててもアイプチは使える?

コンタクトでアイプチをしている人はたくさんいます。

目が悪い人の矯正用コンタクトだけでなく、おしゃれのためのカラコンをしている人も合わせたら、むしろ裸眼の人の方が少ないくらいかもしれません。

コンタクトだからアイプチは無理・・・ということはないんですね。

ただし、コンタクトとアイプチの併用は目に大きな負担がかかることもあり、注意が必要です。

コンタクトとアイプチの無理のない使い方について、さらに詳しくみていきましょう。

コンタクトとアイプチ つける順番は?

コンタクトとアイプチを同時に使う場合、

つける順番は、

コンタクト→アイプチ→メイク

がおすすめです。

コンタクトを一番につけるのは、アイプチの糊や化粧品がレンズにつくのを防ぐためです。

また、アイプチをしてからだと、コンタクトをつける時にとれてしまったり、二重の幅が変わってうまくいかないこともあります。

そもそも目が悪い人は、コンタクトをつけないとアイメイクもうまくできませんよね。

私も目が非常に悪いので、まずはコンタクトをつけないとメイクどころか何も見えない状態です(;’∀’)

コンタクトもアイプチやアイメイクも、自分にあった方法、順番でやるのが一番ですが、目を守るためにもまずは清潔な手でコンタクトを扱うことをおすすめします。

コンタクトをつけたら、目にアイプチの糊やマスカラなどが入らないように注意しながらアイメイクを仕上げていきましょう。

スポンサーリンク

コンタクトでアイプチすると目が乾くんだけど・・・

コンタクトをしたままアイプチすると、目が乾いて痛くなる人も多いですよね。

実は、コンタクトとアイプチを一緒に使うのは、目にもまぶたにも大きな負担になっているんです。

なぜかと言うと、アイプチはまぶたを引っ張るようにして糊で固定しているため、まばたきしても目が完全に閉じない状態になっているからです。

そのため、目が乾きやすく、長時間アイプチをつけていると違和感を感じることが多くなります。

そんな状態でさらにコンタクトをつけたら・・・

ドライアイや目の病気を引きおこす可能性が大ですよね。

また、まぶたの皮膚は薄くてとてもデリケートです。

アイプチを使い続けると接着成分でまぶたがかぶれたり、最悪の場合、まぶたが伸びたり垂れ下がったりする危険性が・・・。

まぶたが垂れ下がってしまう状態を医学的には「眼瞼下垂」と呼びます。

最も多いのは「老人性眼瞼下垂」で、主に加齢によって引き起こされるものです。

しかし、最近では20代から30代に「若年性眼瞼下垂」が増えており、原因の一つがコンタクトレンズやアイプチによるものだと言われています。

コンタクトやアイプチはみんなが使っているものではありますが、目やまぶたには大きな負担がかかっているのも事実です。

ドライアイ用の目薬をさしたり、アイプチを貼る位置を工夫したりしても目の乾燥を完全に防ぐことはできません。

少しでも目に異変を感じたら、眼科を受診して医師の指示を仰ぐようにしましょう。

おつかれまぶたのケアに…♪

終わりに

コンタクトをつけてアイプチはできるか、ということについてご紹介してきました。

まとめ

  • コンタクトとアイプチを併用している人は多い
  • コンタクト→アイプチ→アイメイクの順番がおすすめ
  • ただし、目やまぶたには負担が大なので十分注意すること

トラブルが起きてしまったら、コンタクトもアイプチもできなくなってしまいます。

くれぐれも無理をせずにアイメイクを楽しんでいきましょう。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする