プールでカラコンってつけられる?プール後目洗いすれば大丈夫?

スポンサーリンク

友達や彼氏とプールに行く時、カラコンをつけていっても大丈夫なのでしょうか。

使い捨てなら問題ない?目を洗えば大丈夫?

今回は、プールでのカラコン使用についてご紹介したいと思います。

プールでカラコンってつけられるの?


プールでカラコンを使うのはやめておきましょう。

カラコンをプールでつけることは、目に大きな負担となってしまいます。

プールの水に入っている塩素や雑菌がカラコンに付着することで、眼病の原因になってしまう可能性があるからです。

またカラコンは水で洗ってはいけないものですが、これは浸透圧の関係でカラコンが水を吸収して変形してしまうためです。

水道水もダメなのに、プールの水でカラコンが変形してしまうと、変形したレンズで目を傷つけてしまう上、塩素や雑菌で目の病気になってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

ゴーグルをきつくしておくか、絶対に顔が濡れないようにするか。

徹底的に目に水が入らないように気をつけていれば、カラコンをつけてプールに行くこともできるでしょう。

しかし、せっかくプールに遊びに行くのに思いっきり遊べないのはもったいないはずです。

たとえ使い捨てのカラコンにしてプール後すぐに外したとしても、プールでのカラコンが目に悪いのは同じです。

普段からカラコンを使い続けていて、どうしてもカラコンをしないと気になってしまう場合は、かわいいサングラスを持って行って、目を隠してしまえばOKです。

目からの日焼けも防げて一石二鳥ですよ。

目の健康のために、プールへ行くときはカラコンをつけずに行くことをおすすめします。

プール後に目洗いすればカラコンをつけて行っても大丈夫?

プール後に目洗いをしたり、使い捨てのカラコンにしたとしても、目のトラブルが起こる危険性はあります。

昔はプールの後に水道水で目を洗った方がいいと言われていました。

ところが、現在では水道水の塩素がかえって目を傷める可能性があるため、目を洗わない方がいいとされています。

涙の中の「ムチン」という保護成分が目をウィルスや雑菌などの異物から守っているのですが、水道水の塩素がこのムチンまで洗い流してしまうためです。

プール後の目の保護のためには、すぐにカラコンをつけたりせずに、涙による目の自浄作用を引き出すことが大切です。

目薬をするとしたら、殺菌作用のあるものではなく、涙に近い成分の涙液目薬を選ぶようにしましょう。

目に刺激にならないよう、できれば防腐剤無添加の製品を選ぶこともポイントです。

プールの後は自然に目が健康な状態に戻るよう、できるだけ刺激を与えずに涙で目を殺菌するようにしてくださいね。

終わりに

プールでのカラコン使用についてご紹介してきました。

視力矯正用のコンタクトならともかく、カラコンをプールで使うのは”百害あって一利なし”です。

おしゃれも大事ですが、健康あってのファッションです。

プールは裸眼で思いっきり楽しんでくださいねo(*^▽^*)o~♪

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする