出産で入院する時ネイルやフットネイルは?妊娠中ジェルネイルはいつまで?

スポンサーリンク

出産が近づいてくると、持ち物や身の回りの準備がいろいろありますね。

出産する時にネイルってしたままでいいのか、落としておいた方がいいのかちょっと気になりませんか。

今回は、出産で入院する時のネイルについてご紹介したいと思います。

出産で入院する時ネイルはどうする?


出産の時のネイルは、基本的には落としていた方がいいです。

病院やお医者様の方針にもよりますが、入院するまでにネイルを落としておくようにという注意がある場合も少なくありません。

出産時にネイルがNGな理由としては

・爪の色で健康状態を判断するため

・酸素飽和濃度の測定器を指につけるため

・電気メスを使う場合、ジェルネイルは感電の恐れがあるため

などがあげられます。

長い爪は赤ちゃんに傷をつけてしまう可能性もありますよね。

病院によっては、緊急事態にはネイルを無理やり剥がしとられてしまうこともあります。

私のママ友も突然帝王切開になってしまい、ネイルを剥がされてしばらく爪がボロボロになって嘆いていました・・(。>0<。)

スポンサーリンク

出産は病気ではないとはいえ、いつ何が起こるかわからないものです。

ネイルは余裕をもってきちんと落としておきましょう。

おしゃれのためではなく、爪が弱くてネイルをしていることもあると思います。

短い爪に透明のネイルにしても、病院では落とすように言われてしまうことが多いようです。

どうしても爪の保護のためにネイルをしたいのであれば、ジェルネイルではなくネイルポリッシュ(マニキュア)にしておくと、すぐに落とすことができますね。

病院に理由を話して、マニキュアをしていてもいいか相談してみましょう。

しかし、産後はできればマニキュアを塗ること以外の方法で、爪を保護するようにすることをおすすめします。

赤ちゃんが生まれてしばらくは、マニキュアを塗ったり乾かしたりする時間もとれないことがほとんどですし、赤ちゃんの口にママの指が入ることも多いものです。

できれば爪を短く切って、やすりで整えて爪が割れるのを防ぐようにすると安心ですね。

出産で入院する時フットネイルは?

出産で入院する時には、ハンドネイルと同様にフットネイルも落としておいた方がいいでしょう。

足の爪の色も、異常がないかの判断基準になることがあります。

また、緊急で帝王切開やMRIを受けることになれば、ジェルネイルは感電や火傷の元になる危険があります。

出産で妊婦の足なんて見ないでしょというわけにはいかない、安全上の理由があるんですね。

ハンドネイルと一緒にフットネイルも忘れずに落としておくことをおすすめします。

妊娠中のジェルネイルはいつまでにする?

妊娠中のジェルネイルは、臨月に入るころにはやめるようにしましょう。

臨月に入ると、いつ出産してもおかしくない時期になってきます。

出産予定日より早めに入院することになったり、緊急で帝王切開になることも少なくありません。

臨月に入ったら、いつでも入院できるように準備しておく必要があります。

妊娠中にジェルネイルを楽しむこと自体は気分も上がるし、全く問題ありません。

しかし、出産はそれまでの経過が順調でも、いつ何が起こるかはわからないものです。

自分と赤ちゃんの健康を守るためにも、出産予定日までには十分な余裕を持ってネイルをきちんとオフし、爪を短く切って出産に備えるようにしてくださいね。

終わりに

出産時の入院までにネイルを落とした方がいい、という理由についてご紹介してきました。

ネイルを日常的にしていると、何も塗っていない爪はすっぴんで出かけるくらい違和感があるかもしれません。

でも、赤ちゃんが大きくなってくれば、すぐにまた自分のおしゃれを楽しむことができます。

まずは出産を無事に迎えられるよう、爪もすっぴんにして体調を整えるようにしましょう。

(*^-°)v

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする