隅田川花火大会は何時に行く?待ち合わせ場所や混雑しない場所は?

スポンサーリンク

隅田川花火大会は約100万人近い人が見物に訪れる、都内有数の花火大会です。

混雑するのは間違いないけど、一度は現地で見てみたいですよね。

今回は、隅田川花火大会には何時に行ったらいいのか、待ち合わせ場所や比較的混雑しない場所も合わせてご紹介したいと思います。

隅田川花火大会は何時に行く?


隅田川花火大会には、なるべく午前中から、遅くとも15時ごろまでには現地入りすることをおすすめします。

隅田川花火大会が開催される浅草・隅田川周辺は観光地でもあります。

昼間は観光して、夜は花火を見たいというのは誰もが考えることです。

花火大会当日は会場周辺は、一日中非常に混み合いますので、何時に行くにしても混雑は覚悟してお出かけください。

場所取りをするなら、第一会場は前日や当日早朝に行かなければとても無理なスポットがほとんどです。

立ち見でもいいと考えている場合でも、17時頃には駅から会場へ向かう人混みはピークに達し、歩くのもままならない状態に巻きこまれてしまう可能性があります。

駅からの渋滞に巻き込まれているうちに花火の打ち上げが始まってしまった、なんてことも多々ありますので、移動には十分な余裕を持って出かけることをおすすめします。

第二会場で人気の清澄通り周辺は15時ごろから混み合ってきます。

到着が遅くなってしまう場合は、裏路地で場所を探すこともおすすめします。

18時からは第二会場近くの江戸通り・春日通りが交通規制で歩行者天国になります。

18時前からスタンバイしておいて、交通規制直後に場所をとるといいでしょう。

隅田川花火大会の待ち合わせ場所は?

隅田川花火大会の日は、最寄り駅や会場周辺での待ち合わせはおすすめできません。

スポンサーリンク

特に浅草駅で待ち合わせをすることは絶対にやめておくべきです。

途中の駅や離れた場所で待ち合わせをしてから、一緒に会場周辺に向かうようにしてください。

隅田川花火大会会場付近には、100万人近い人が押し寄せています。

駅から会場周辺は立ち止まることができない場所も多く、一方通行などの規制もあるので、待ち合わせでウロウロすることはできません。

スマホや携帯もつながらなくなることが多いので、あらかじめ時間や場所など待ち合わせに必要なことは決めておくようにしましょう。

隅田川花火大会で混雑しない場所は?

隅田川花火大会は第一会場、第二会場に分かれていますが、より混雑するのは第一会場側です。

浅草駅から吾妻橋、隅田公園は混雑しまくりで、交通規制もあります。

大勢の人混みの中でお祭り気分を味わうならば第一会場ですが、少しでも混雑していない場所でゆっくり花火を楽しみたいなら、第二会場方面へ向かうことをおすすめします。

第二会場周辺にもいろいろな場所がありますが、ベストなのは路地で地元の方がシートを広げている場所です。

ネットや雑誌で穴場と紹介されているような場所は、すでに穴場ではなくなっている可能性が高いです。

最も混雑している雷門や浅草寺を避け、隅田川を北方向へ、隅田公園沿いに奥に進んでいくと、花火がきれいに見られる比較的空いている場所を見つけられます。

自分で場所を探すのが不安でしたら、水戸街道向島5丁目バス停周辺をおすすめします。

第一・第二会場両方の花火が見られる場所で、もともと地元の方が花火を楽しんでいた場所になります。

その他には、

・大横川親水公園

・銅像彫り公園周辺

・東白髭公園

・汐入公園

などがおすすめです。

詳しくは、隅田川花火大会の穴場をご覧ください。

終わりに

隅田川花火大会へ何時に行くかについてご紹介してきました。

どこへ行っても人・人・人・・・の混雑は避けられませんが、早い時間に行くようにすれば余裕を持って行動することができますね。

トイレや買い物などにも行列で非常に時間がかかりますので、当日は気合いを入れてできるだけ早めにお出かけすることをおすすめします。

楽しんできてくださいね

第41回隅田川花火大会

速報追記

*台風で延期になっていましたが、

2018年7月29日(日)19時から開催されることが決定しました。

2018年7月28日(土)19:00~20:30

雨天時 翌7月29日(日)に延期 (この日以降は中止)

第一会場  桜橋下流~言問橋上流

第二会場  駒形橋下流~厩橋上流

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする