七五三の写真を嫌がる子はどうする?人見知りで着物も嫌がる場合は?

スポンサーリンク

かわいい我が子の七五三。

着物を着せて写真館で写真撮影・・・のはずが、大泣きで写真どころか着物も着てくれない!

何とか上手に写真を撮ってもらうコツはないのでしょうか。

今回は、七五三の写真を嫌がる子の対策について、私の経験も交えてご紹介したいと思います。

七五三の写真を嫌がる子はどうする?


七五三の写真を嫌がる子にとって大事なのは、まずは場に慣れること、そして何をするのかわかりやすく説明しておくことです。

衣装や撮影機材、カメラマン、スタジオの雰囲気など、大人にとっては写真館で写真を撮る時に当たり前だと思っているものが、子供にとっては初めてで全く理解できない恐ろしいものに思えることがあるのです。

子供が環境を受け入れ落ち着けるように、時間には余裕をもって早めに行くようにしましょう。

まずは普段着のまま、子供が場に慣れて落ち着くまでゆっくり過ごすようにします。

スタジオに入った瞬間大泣き、とならないためには、事前に何をするのか子供に話しておくこともとても大事です。

できれば、前日までに写真館に特別な写真を撮りに行くことを話しておきましょう。

七五三を迎える頃になれば、小さいなりに大人の話はほとんど理解できます。

・七五三と言って、あなたが大きくなったことのお祝いに特別な写真を撮ること

・お祝いのためにいつもと違うお洋服(着物)を着ること

・写真屋さんに行って、カメラの人に撮ってもらうこと

・パパやママも一緒に行くから心配はいらないこと

など、きちんと子供に話してあげましょう。

当日には、これからどういう順番で何をするのか具体的に伝えてあげることもポイントです。

・まずは好きな衣装を選ぶこと

・お姉さん(スタッフさん)に着せてもらうこと

・お化粧や髪もかわいくしてくれること

・写真をここで何枚か撮ってもらうこと

・撮り終わったら着替えて終わり

・一緒に写真を選ぶこと

スポンサーリンク

知らない場所で何をするのかわからないと大人でも不安になるものです。

小さい子供だったらなおのこと、不安になってしまいますよね。

できるだけ子供の不安を取り除いてあげることが大切なポイントです。

七五三の写真人見知りの子はどうする?

普段から人見知りの子にとっては、衣装を着て知らない場所で知らない人たちに囲まれる写真館は非常につらいものがあります。

人見知りの子の七五三の写真は、一人ではなく兄弟や両親との家族写真にすることをおすすめします。

ポーズもできれば自然な感じのものだけにして、あまりあれこれ指示されるようなことは控えてもらうといいでしょう。

子供向けの写真館のカメラマンさんは、子供を盛り上げて上手に撮ってくださるのですが、人見知りの子にとってはそのノリについていけない場合もあります。

無理に笑顔の写真を撮ってもらおうとせずに、今のありのままの姿を撮ってもらえればいいという気持ちで、気楽にお願いすることが大切です。

うちの子も人見知りで写真を撮るのが苦手でしたが、兄弟と一緒に撮ることで何とか乗り切ることができました。

なかなか笑顔が作れず、固~い表情の写真が出来上がりましたが、今見返しても当時の子供のがんばりが伝わってくるようで、よい思い出の一つとなっています。

私自身も極度の人見知りな子だったため、七五三の写真は無表情の能面で写った記憶が・・・(;^_^

七五三の写真ってなかなかむずかしいものですね。

七五三の着物を嫌がる時は?

子供が、七五三の着物を嫌がることもあります。

着物は慣れないと窮屈なものですし、普段着とは着心地も全然違います。

初めてのものに拒否反応を示したり、受け入れるのに時間がかかるタイプの子もいます。

着物を嫌がる子は、

・数えではなく満で七五三をする

・ひたすらほめちぎる

・ママや身近な人が着物を着て、お揃いにする

などでチャレンジしてみましょう。

2歳の時は着物を見ただけで大泣きだったのに、一年後には七五三を楽しみにしている・・なんてこともよくあります。

子供の一年の成長は大きいものです。

成長を待って再チャレンジしてみると、着物を喜んで着てくれるようになるかもしれません。

七五三に着物を着せたい、という親心はよくわかります。

けれども、手を尽くしてもどうしても着物は無理そうだという場合は、着物はあきらめて洋装にすることも視野に入れておきましょう。

着物を着せられなかったという苦い思い出も、時間がたてばきっと笑い話になります。

大変だったことも含めて、大きくなった時に子供に話してあげてくださいね。

終わりに

七五三の写真や着物を嫌がる子についてご紹介してきました。

子供の性格やタイプによっては、どうがんばっても七五三どころじゃないということもあるかもしれません。

七五三なのに写真も撮れず着物も着れないというのはショックかもしれませんが、写真館で撮った写真よりも、写真がイヤで泣いている写真や、着物を着たくなくて暴れている写真こそ、後から見返した時に楽しい写真になります。

これから子供が成長していく過程では、心に残る写真を撮る機会はまだまだたくさんあります。

七五三には気を楽にして、子供の成長を心からお祝いしてくださいね。
o(*^▽^*)o~♪

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする