厄払いのお札はいつ返す?返納の方法は?違う神社でも大丈夫?

スポンサーリンク

厄年にお祓いを受けて頂いたお札は、いつまで手元に持っておいたらいいのでしょうか。

厄年は、誕生日までで終わるのか、一年間は厄年にあたるのかなど、よく考えるとはっきりと期限がわからないことも多いものです。

今回は、厄払いのお札はいつ返すのか、ということについてお札の返納方法についても触れながらご紹介したいと思います。

厄払いのお札はいつ返す?


神社や寺院でいただいたお札は、祈祷やお祓いを受けてから一年たった頃、お礼参りと共に返しにいくことが一般的です。

厄払いの場合は、厄年の一年が終わったら、一年無事に過ごせたことに感謝しながら年明けにお札を返しにいくようにします。

年末から年始にかけて、古札入れや返納箱を設置している神社や寺院が多いものです。

初詣の時期にお札を持って行って納めるようにしましょう。

お札の効力は一年間とされています。

また、厄払いは、前厄、後厄、本厄の計3回それぞれ別にお祓いをしてもらうものです。

お札もそれぞれ一年ごとに別のものをもらうのが本来のやり方です。

例えば、本厄でお祓いを受けてお札をもらったら、翌年には改めて後厄の厄払いを受け、お札をもらい直した方がいいということですね。

なお、厄年は数え年でカウントするため、個人の誕生日ではなく1月1日を起点として一年と考えます。

誕生日が過ぎたら厄年は終わり・・ではありませんので、年が明けるまでは厄年の期間として、お札を持っておくようにしてください。

厄払いのお札はどうやって返納する?

厄払いでいただいたお札は、基本的には祈祷やお祓いを受けた神社やお寺に感謝をこめて返納します。

神社によっては通年古札を入れる箱が置かれているところもありますが、たいていは年末から三が日、遅くとも1月15日くらいまで受け付けているところが多いようです。

スポンサーリンク

特に指定がなければ、古いお札は自分で返納箱に入れておけばOKです。

料金はかからないことが多いですが、お焚き上げ料や焼納料として、料金が決められていたり、賽銭箱が併設されていることもあります。

賽銭箱に入れる金額は、お札と同額程度を目安にするといいでしょう。

うちの近所の神社では、1月15日までは境内横に焚き上げ用の大きな箱が置かれています。

この期間に自由に入れておけば、どんど焼きでお焚き上げしてもらえるので、お守りやお札はお正月に神社に持参しています。

料金は特にかからないため、御賽銭とお参りでお礼をしています。

お正月以外で神社に納めたいものがある時は、明治神宮に通年返納箱が設置されていますので、入れに行くこともあります。

一方、地域や宗派によっては、お正月ではなく節分を厄年の明けとしていることもあります。

厄除けのお札の返納についてどうしたらいいのかわからない時は、神社や寺院に直接問い合わせてみることをおすすめします。

厄払いのお札の返納は違う神社でもいいの?

厄払いのお札の返納は、お祓いを受けた神社と違う神社でもOKです。

しかし、お寺の場合は宗派が違うと受け付けてもらえないこともあるため、お寺の場合はお祓いを受けたお寺に返納するようにします。

神社は神社へ、寺院は寺院へ返納することが基本で、神社なら違う神社でも返納箱などに入れておけばいい、ということですね。

日本には八百万(やおよろず)の神様と呼ばれる、万物に宿る数えきれないほどの神様がおり、それぞれの神社に祀られています。

1人の神様を祀る信仰ではありませんので、別の神社や神様にも同じようにお参りすることができるし、違う神社のお札でも受け付けてもらえるのです。

それでも、どうしても違う神社にお札を返納することが気になる場合や、お祓いを受けたお寺に返納しに行けない場合は、郵送で返納してもいいか問い合わせてみましょう。

郵送でお札を返納する際には、お賽銭またはお布施として、お札と同額程度を同封することをおすすめします。

終わりに

厄払いのお札はいつ返すのか、ということについてご紹介してきました。

・お札の効力は一年

・厄が明けたら返しに行く

お札をもらった翌年のお正月以降や節分に返納することが一般的です。

厄年のご加護に感謝しながら、すっきりとした気持ちでお札を返納するようにしたいものですね。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする