年賀状はマンション名を省略してもいい?部屋番号や書き方をご紹介

スポンサーリンク

年賀状の住所を書くのって手間がかかりますよね。

長い住所やマンション名は、書くのも大変だしスペース的にも余裕がないし・・・

今回は、年賀状を書く時にマンションの名前を省略しても大丈夫なのか、ということについてご紹介したいと思います。

年賀状はマンション名を省略してもいい?


年賀状を書く時には、省略せずにマンションの名前まできちんと書くことをおすすめします。

実際にはマンション名を書かなくても届くことが多いです。

しかし、年賀状の時期は繁忙期であり、アルバイトさんが仕訳や配達をすることもあり、マンション名がないと宛先不明で戻ってきてしまう可能性があります。

誤配や遅配、郵便配達員さんの負担軽減のためにも、年賀状には正式なマンション名を記入した方が確実です。

また、年賀状は新年の改まった挨拶状ですから、失礼のないようにしたいものです。

フォーマルな書状や目上の人宛ての手紙には、きちんとマンション名まで書くのがマナーです。

相手がマンション名を記入していれば、その通りに宛先を書くようにしましょう。

宛先の住所にはマンション名を書くけれど、自分の住所は省略してしまう・・ということもありますね。

差出人の住所にマンション名がないからといって配達に支障はありませんが、今後相手がその住所を見て年賀状や贈答品を送るかもしれません。

相手がこちらに年賀状を出した時に、ちゃんと届くかなと心配させないためにも、できれば差出人の住所にもマンション名を記入しておいたほうがいいでしょう。

年賀状にはマンションの部屋番号まで書くべき?

年賀状にはマンション名だけでなく、部屋番号をしっかり書くようにしましょう。

スポンサーリンク

郵便局では配達用に住人の資料を持っているそうで、部屋番号がなくても資料で確認したり、管理人さんに聞いたりして郵便が届くことはあるようです。

しかし、年賀状の仕分けは臨時のアルバイトさんがほとんどで、そこまで確認することなく宛先不明で返ってくることが多そうです。

また、最近では個人情報の保護などの目的から、本人と確実に確認できない場合は配達できず戻されてしまうケースも増えているのだとか。

そういえば、私が昨年出した年賀状で、マンション名まで記入したのに部屋番号が間違っていたために、宛先不明で返ってきたものがありました。

せっかく出した年賀状がスムーズに届くように、部屋番号は間違えずにしっかり書くことをおすすめします。

年賀状のマンション名の書き方は?

年賀状に住所を書く時には、1行目に都道府県~番地まで、2行目にマンション名を書くようにします。

マンション名は、1行目より一回り小さな字で、少し下がった位置から書き始めるとバランスがよくなります。

部屋番号は、縦書きの場合は漢数字で、横書きの場合はアラビア数字で書きます。

マンション名と区別するために、部屋番号には「○○号室」とつけるとわかりやすくなりますね。

差出人の住所にマンション名を書く時も同様ですが、全ての字を宛先よりも小さく書くようにします。

長いマンション名だとスペースに収めるのがちょっと大変かもしれませんが、文字の大きさなど工夫して全体のバランスをとってみてくださいね。

終わりに

年賀状にマンション名を省略せずに書くべきか、ということについてご紹介してきました。

年賀状の宛名も手書きより印刷にすることが多くなっていますが、大事なのは配達員さんが読みやすいように住所を書くことです。

全てを詰め込もうとするあまり、読めないほど字が小さくなってしまったりしては本末転倒というもの。

きちんと届くように、必要な情報が読みとりやすい年賀状を心がけたいものですね。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする