ディズニーに行く時の服装5月はどうする?!半袖?雨だったら?

スポンサーリンク

さわやかに晴れて過ごしやすい日が多い5月は、ディズニーへ遊びに行く絶好の季節です。

とはいえ、5月は暑かったり肌寒かったりで、何を着たらいいのか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

今回は、5月にディズニーに行く時の服装についてご紹介したいと思います。

ディズニーに行く時の服装 5月はどうする?


5月のディズニーリゾートは、晴れて暑い日が多くなってくるものの、曇りや雨で気温が上がらない日もあり、寒暖差の激しい時期です。

天気予報をの予想気温を見ながら、半袖か長袖のトップスにパーカーやジャケットなどの上着を重ね着するのが5月のディズニーの定番の服装です。

日中は暑いくらいに晴れていても、夕方から夜には気温がぐっと下がり、風が出てくることも多いので、上着は必ず持っていくことをおすすめします。

ディズニーリゾートは海の近くにあり、また埋立地でもあるため、強い風が吹いたり、気温が急に下がることがあり、都内よりも気温が低くなることも少なくありません。

私も、5月の終わり頃に子供たちとディズニーランドに行ったことがあります。

日中は半袖でも暑いくらいに晴れていたのに、午後から夕方にかけて急に曇ってくると、空気が一気に冷たくなりました、

薄いカーディガンやウィンドブレーカーは持っていたのですが、それだけでは我慢できないほど寒くなって、ガタガタ震えてしまうほどでした。

夜のエレクトリカルパレードを見るために、急きょ子供たち3人分の大きなバスタオルを買って、バスタオルにくるまって過ごしました。

もちろん、夜になっても暖かくて薄手の上着で十分な日もあるでしょう。

けれども、暑いのは上着を脱いで対応できますが、寒いのを我慢するのはつらいものです。

天気が曇りや雨だったり、夜まで遊ぶ予定だったら、上着はある程度厚手のパーカーなどでもいいかもしれません。

あるいは、半袖に長袖を重ねて薄手の上着を羽織ったり、ストールやかさばらないネックウォーマーを持っていくなど、重ね着で調節できるように準備しておくといいでしょう。

また、5月は紫外線の多い季節でもあります。

UVパーカーやUVカーディガン、日焼け止め、帽子などで日焼け対策も忘れないようにしましょう。

目の日焼けを防ぐためにサングラスも持っていくと安心ですね。

参考)紫外線から目を守る対策はコレ!

デイズニーの5月は半袖?長袖?

5月のディズニーの服装を半袖にするか長袖にするかは、日によって、または人によって判断が分かれます。

ディズニーのある千葉県の海沿いの5月は、風が強く天気の変化が激しい時期です。

スポンサーリンク

晴れた日の日中は気温が上がり、夏さながらの天気になりますが、低気圧が通過すると突然気温が下がり、雷や突風をともなうこともあります。

当日の天気、気温、自分が暑がりか寒がりか、などの要素を踏まえて決めるようにしましょう。

一般的に、半袖がちょうどいいのは26℃以上と言われています。

暑がりの人で、日中晴れて気温が上がりそうなら、半袖に上着を持参するなどでもOKですが、薄手の長袖カットソーやシャツがちょうどいい日が多そうですね。

参考までに、気象庁の過去の気象データによると、ディズニーのある千葉県の5月の平均気温は以下のとおりです。

千葉県5月の平均気温

平均:18.3℃

最高:22.3℃

最低:14.8℃

一方、気温と服装については以下のような目安を参考にすることもできます。

21~25℃

・寒暖差が激しい時期の気温

・半袖がいい日もあれば長袖がいい日もある

・トップス一枚では肌寒いことも

16~20℃

・過ごしやすい気温だが重ね着がベスト

12~15℃

・涼しいというより肌寒い気温

・暖かめの上着が必要

日本気象協会が「服装指数」を発表していますので、服装を決める一つの目安として参考にしてみてはいかがでしょうか。

ディズニーの服装 5月の雨の日は?

5月の雨の日にディズニーに行くなら、肌寒くなることを考えて長袖、それに合羽があると便利です。

移動する時には傘をさしますが、アトラクションに並ぶ時など傘がさせない場合もありますし、風が強いと傘をさしても濡れてしまったりするからです。

5月の雨の日は、蒸し暑いというよりは寒いことが多いため、防寒を兼ねて合羽やアウトドア用の撥水・防水のジャケットなどがおすすめです。

傘は、雨があがった時のために折り畳み傘にしておくといいですね。

一日雨になりそうであれば、足元にも注意したいところです。

長靴や防水シューズがあれば履いて行くか、普通の靴だったらせめて替えの靴下を用意しておきましょう。

私も今まで雨の日に何度もディズニーに行っていますが、朝から大雨で靴が水浸しになった時は、一日中濡れた靴で足が冷えるし、気持ちが悪かったです。

足元が濡れないと、雨の日の不快指数も少しは減ると思います。

5月中旬以降は梅雨のはしりとして、曇りや雨の日が多くなることも考えられます。

突然雨が降ってきたら、ディズニーでオリジナルデザインのレイングッズを買うこともできます。

傘や合羽を持ってこなかった・・・なんて場合には、ショップをのぞいてみてはいかがでしょうか。

東京ディズニーリゾートレイングッズ

レインポンチョ 大人 1,300円
レインポンチョ 子供 1,000円
長靴 子供用のみ   2,900円
晴雨兼用傘(ラプンツェル) 4,200円
晴雨兼用傘(ミッキー柄) 3,700円

参考)東京ディズニーリゾート公式サイト

終わりに

ディズニーの5月の服装についてご紹介してきました。

簡単にまとめると

・寒暖差が激しいため、重ね着で対応

・半袖でも長袖でもOK、天気、気温で判断を

・上着を忘れずに

・雨の日は合羽があると便利

ということでした。

何を着て行ったらちょうどいいかわかりにくい5月ですが、天気の変化、気温の変化に気をつけてディズニーを楽しんでくださいね。
\(^o^)/

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする