冬の寝室の寒さ対策!窓や布団は?暖房を使わずにのりきる方法

スポンサーリンク

冬の夜、寝室が寒いとぐっすり眠ることもできずつらいですよね。

布団に入っても寒さで目が覚めてしまうくらい、寒~い寝室にお困りの方も多いのではないでしょうか。

今回は、冬の寝室の寒さ対策について、なるべく暖房器具を使わなでのりきる方法をご紹介したいと思います。

冬の寝室の寒さ対策は?


冬に冷え込む寝室の寒さ対策は、

・室温を上げる(下げない)対策

・布団の中を暖かくする対策

の両面から行う必要があります。

室内の冷気は「窓」が一番の原因となっています。

窓への対策をするだけでも、寒さを感じにくくなるケースも多いものです。

また、寒い寝室というのは窓以外にも、

・断熱性が低く、壁や天井から冷えている

・日当たりが悪く、室温が上がらない

などの原因が重なっていることもあります。

しかし、壁や天井への断熱対策は、大がかりなリフォームでもしない限りむずかしいものです。

室温を少しでも上げるためには窓への寒さ対策が中心になります。

その上で、布団の中を暖かく保てる工夫をすることで、ぐっすり眠れる環境を作っていきましょう。

次章からは、それぞれの具体的な対策についてとりあげていきたいと思います。

寝室の窓の寒さ対策は?

寝室の室温を少しでも上げるためには、窓の寒さ対策がポイントとなります。

窓からの熱の放出は、全体の5割とも言われています。

窓を制するものが寝室の寒さ対策を制する、と言っても過言ではないでしょう。

窓は外気に接しているため、冷たく冷えています。

室内の空気は、冷たくなった窓に触れることで冷やされ、冷気が室内に広がってしまうのです。

暖気は上へ、冷気は下へ集まる性質があるため、窓で冷やされた空気は壁から床へと伝わっていきます。

そのため、2階以上の寝室やすきま風を感じない窓であっても、床からの底冷えするような寒さを感じてしまうというわけです。

そこで、窓からの冷気を防ぐためには、

・窓に断熱用のプチプチシートなどを貼る

・カーテンを床までつくような長さにする

・カーテンボックスをつける

・日が落ちる前に雨戸やカーテンを閉めて、暖気を室内に閉じ込める

などの寒さ対策が考えられます。

カーテンを厚手のものにしたり、ビニール製のシャワーカーテンや断熱カーテンをかけるのもおすすめです。

窓から床までを覆うことで、室内の空気が冷気に触れるのを防ぐことができます。

カーテンボックスをつけるのが難しい場合は、カーテンレールの上から毛布などをかけるだけでもOKです。

窓からの冷気はすきま風だけではありません。

冷たい空気が室内にできるだけ入らないよう、しっかりと対策をとっていきましょう。

布団に入っても寒い時の対策は?

冷えきった寝室では、布団に入っても寒さで起きてしまう、ということも珍しくありません。

スポンサーリンク

我が家の寝室もとてつもなく寒いので、冬は夜寝るのが辛くなるほどです(泣)

布団に入っても寒い時の対策で効果があると感じた寝具は、

・敷き毛布

・非常用アルミシート

です。

敷き毛布は、毛布を敷布団の上にシーツのようにかけて使う状態です。

毛布素材の敷パッドも出ていますので、それでももちろんOKです。

毛布を何枚もかけるより、一枚敷いて使うことで、ずいぶん暖かさを感じることができます。

布団に入った時のひんやり感も緩和されますので、ぜひ試してみてくださいね。

非常用アルミシートは、本当に寒さがシャレにならない寝室におすすめです。

ペラペラのシートで100均でも売っているものですが、非常用だけあって保温性は抜群です。

直にシートにくるまるより、布団と毛布の間に挟むか、布団の上から覆うようにかけるほうが、ガサガサせずに使いやすいです。

布団や毛布を何枚かけても寒い、という場合には最終手段として使ってみることをおすすめします。

布団の対策はもちろん、寒い寝室で眠るには、レッグウォーマー、ネックウォーマー、腹巻、保温下着なども寒さ対策に効果的です。

うちでは夫婦で、上記のフル装備に加えてセーター、裏起毛のあったかズボンなどをめいっぱい着こんでいます。

寝るときは薄着がいい、と聞いたことがありますが、そんなことは言っていられないほど寒いので・・・

都内在住で家がこんなに寒いのはなぜなのでしょうね・・・( ̄◇ ̄)

それはともかく、寒さ対策をして厚着で寝ても寒くて目が覚めてしまうことに困り果てていたところ、夫がこのようなアイテムを発見しました。

去年は悩んでいるうちに買わずに終わったのですが、今年は家族で揃えて冬を乗り切ろうかと検討中です。

一度着たら脱げなくなりそうでこわいですo(´д`)o

終わりに

冬の寝室の寒さ対策についてご紹介してきました。

暖房器具を使うのが一番早く確実なのですが、乾燥することや電気代を考えると、できるだけ家電は使わずに寒さ対策をしたいですよね。

寒い夜でもできるだけ暖かくして、ぐっすり眠りたいものです。
☆^∇゜)

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする