年賀状の宛名はボールペンでは失礼?!ペンの種類とおすすめをご紹介

スポンサーリンク

手紙を出すことがめっきり少なくなったこの頃ですが、年賀状だけは手書きで書くという人も多いのではないでしょうか。

年賀状の宛名を何気なくボールペンで書いたら、新年早々上司に怒られてしまった・・なんてことはありませんか。

今回は、年賀状の宛名をボールペンで書いてはいけないのか、ということについてご紹介したいと思います。

年賀状の宛名はボールペンでは失礼になる?


年賀状の宛名は、本来のマナーとしては毛筆で書くべきであり、ボールペンでは失礼にあたります。

目上の人、特にマナーに厳しい人に宛てて年賀状を出す時には、ボールペンを使うのは避けるようにしましょう。

年賀状にボールペンが失礼になる理由は、いくつかあります。

一つは、新年のおめでたい挨拶である年賀状は、毛筆のように濃く太い字で書いた方が縁起がいいとされているからです。

そしてもう一つは、ボールペンは簡易的な筆記具とされており、事務的な印象を与えてしまうからです。

手書きで文字を書くこと自体が少なくなっている現代では、ペンの種類にマナーがあるという感覚はあまりピンとこないものかもしれません。

ボールペンが失礼になるという考え方は、特に若い世代では薄れつつありますが、慣習として今でもボールペンにいい印象を持たない人が少なからずいるのも事実です。

年賀状を書く時には、宛名はもちろん添え書きもボールペンは控えるのが基本的なマナーとなっています。

とはいえ、最近の年賀状は宛名も印刷することが主流です。

たとえボールペンでも、手書きの年賀状は印刷よりも丁寧な印象を与えます。

できればボールペンは使わない方が無難ですが、どうしても毛筆や筆ペンが苦手であるなら、心をこめてボールペンで書くことも〇かもしれませんね。

年賀状の宛名を書くペンの種類は?

年賀状の宛名を書く時のペンの種類はいくつかあります。

一番正式でベストなのは毛筆です。

毛筆であれば、誰に出しても恥ずかしくない完璧な年賀状になります。

しかし、毛筆でスラスラと年賀状を書ける人はなかなかいないものです。

そこで、実用的なペンの種類でおすすめな順番は以下の通りです。

1位 筆ペン

2位 万年筆

3位 ゲルインクボールペン

4位 油性ペン

5位 ボールペン

現在売られている年賀状やはがきはインクジェットのものが多くなっています。

インクジェット用紙だと、インクがにじみやすかったり、油性ペンが裏うつりしたり、うまく書けないこともあります。

マナーとしてはボールペンが最下位ですが、書きやすさや仕上がりを考えると、一概にボールペンがダメとは言い切れないところもありますね。

年賀状を書き始める際には、古いはがきなどで試し書きをしてから書き始めることをおすすめします。

スポンサーリンク

宛名を書くペンのおすすめは?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PILOT パイロット 宛名書きペン 太字【メール便可】 ブラック
価格:103円(税込、送料別) (2017/8/22時点)

↑↑
ボールペンタイプで太字が書けます。

はがきだけでなく、封筒の宛名書きにもおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

筆ぺん / 筆ペン 美文字筆ぺん 太字 / 呉竹
価格:189円(税込、送料別) (2017/8/22時点)

↑↑

サインペンの感覚で書ける筆ペンです。

インクジェット紙対応です。

字を書くのが苦手でも、書きやすいペンを使うことできれいに書くことができることもあります。

ご自分で書きやすいと感じるペンを見つけてみてくださいね。

終わりに

年賀状の宛名を書くペンについてご紹介してきました。

印刷は簡単にできますが、手書きで丁寧に書かれた年賀状はやはりもらってうれしいものです。

どんなペンで書くにしても、心をこめて手書きをしたいですね。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする