年賀状に修正テープは失礼?自分の住所でも?書き損じの修正方法は?

スポンサーリンク

年賀状を何枚も書くのってけっこう大変ですよね。

忙しい中せっせと書いていると、ついうっかり書き間違えてしまうこともよくあること。

この一文字、修正テープで直しちゃいたいけど・・・これってマナー違反?

今回は、年賀状を修正テープで訂正することについてご紹介したいと思います。

年賀状に修正テープは失礼?


年賀状に修正テープを使うのは失礼に当たります。

特に宛名や相手の住所を修正することは、マナー違反ですから絶対に避けるようにしましょう。

もちろん、修正テープの跡があっても気にならない人、逆に一生懸命書いてくれたんだなと感じる人もいるかもしれません。

しかし、たとえ親しい友人同士でも、新年早々修正テープで訂正された年賀状をもらうのは不愉快だと感じる人がほとんどです。

自分にそのつもりがなくても、はがき代がもったいないのかな、そこまで気にする相手じゃないと思われているのかな、などと相手にとられてしまうのは残念ですよね。

年賀状の書き損じは、一文字程度の間違いでも、きちんと新しいはがきに書き直すことをおすすめします。

年賀状に修正テープは自分の住所でもダメ?

年賀状では、自分の住所や名前を修正テープで訂正することもマナー的にはNGです。

相手の名前や住所の訂正ほど失礼にはなりませんが、たとえ差出人の名前、住所、郵便番号の部分でも、修正テープを使うことは控えた方が無難です。

表書きだけでなく、添え書きの部分も修正はなしで書くことがマナーです。

年賀状は、一切の訂正なしで書くのが礼儀と考えられています。

ノーミスで書き上げるのは難しいものですが、慎重に書いてなるべく書き損じを出さないようにしたいですね。

年賀状の書き損じの修正方法は?

年賀状の書き損じを修正する方法は、残念ながらありません。

せっかく書いた年賀状ですが、書き間違えてしまった場合には、思いきって新しいはがきに書き直すことをおすすめします。

年賀はがき一枚52円をケチることで、プラスになることはほとんどありません。

また面倒ではありますが、年賀状を一枚書き直す手間も、それほどかかるわけではないはずです。

一枚余計に出すつもりで、サクッと書き直してしまいましょう。

書き損じの年賀はがきは、郵便局に持っていくと一枚当たり手数料5円で切手やはがきに交換できます。

お年玉くじが当たっている可能性もあるため、お年玉くじの当選発表を確認してから交換に行くといいですね。

スポンサーリンク

また、懸賞に応募するときにも書き損じの年賀はがきを使うことができます。

私の母は、書き損じのはがきで応募した懸賞が当選しましたので、当選確率が低くなるということもないのではないでしょうか。

それでも、失礼は承知の上で、修正した年賀状を出してしまおうという場合は、はがき用の修正ペンもあります。

普通の修正テープや修正ペンだと、修正箇所がはがきより白っぽくなってしまって目立つのですが、はがき用修正ペンははがきの色になじむようになっています。

完全に修正跡を目立たせなくすることは難しいかもしれませんが、ほんの小さい箇所の修正だけなんだよな~という場合には試してみてくださいね。

終わりに

年賀状に修正テープを使うことについてご紹介してきました。

書き直しで年賀状を一枚無駄にするのはもったいない気もしますが、たかがはがき一枚で人間関係を壊してしまうかもしれないのは、もっともっともったいないことです。

新年の挨拶は、修正なしできっちりキメたいところですね。
( ゚ー゚)( 。_。)ウン♪

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする